キヤノン 次の新製品 動画向けEOS R5C、高解像度EOS R5Sの噂

新しい情報筋からEOS R5C(またはR3C)ビデオカメラと、高解像度センサーのEOS R5S(またはR3S)に関しての情報を得た。

EOS R5C/R3CとEOS R5S/R3Sは同じ筐体を共用していると言われている。

・R5C/R3CはEOS R5と同じテクノロジのセンサーを採用しているが、解像度は半分
・R5C/R3Cはクロップファクターなしで4k 120pを録画できる
・スーパー35mmモードでの2.8kのスーパーサンプリングが可能
・両機種とも新しく開発されたヒートシンクを採用
・R5S/R3Sは”EOS R6のセンサーの横の解像度の2倍”
・R5S/R3Sは12コマ/秒の連写が可能
・EOS R5とEOS R6よりも低照度時の性能が向上したデュアルピクセルAF
・R5S/R3Sは画質の品質と連写速度のハイブリッド高解像度機

正直なところ、この噂に関していくつか疑わしく思っている。命名規則に加えて、疑わしいことが他にもある。

(記事を一部引用して意訳しています)

ビデオ撮影向けのEOS R5と高解像度版EOS R5

CanonWatchがキヤノンの次の新製品について報告しています。画像はEOS R5です。

記事元での書き方がちょっとわかりにくいのでまとめると、既存のEOS R5の解像度を半分程度にしたビデオグラファー向けのカメラと思われるEOS R5C(またはR3C、ここではR5Cに統一して表記します)と、高解像度版EOS R5のEOS R5S(またはR3S、ここではR5Sに統一して表記します)が発売される可能性があるとしています。

ビデオグラファー向けのカメラと思われるEOS R5Cは、EOS R5よりも解像度が半減しているようなモデルで、クロップファクターなしで4k 120pを録画できるとしています。さらにEOS R5で録画時間に制限があったことを受けてか、新しく開発されたヒートシンクが搭載されるとしていますね。

そして高解像度版のEOS R5Sは、EOS R6のセンサーの解像度よりも横幅の解像度が倍になるとしています。EOS R6は2010万画素ですので、縦横それぞれ2倍だとすると8000万画素ぐらいになるカメラなのですかね?ものすごい解像度ですね。

ただし、この噂にはかなり怪しい部分があるようで、この噂については話半分で聞いて欲しいとしています。なので、すぐに信じるようなことはしないほうがよさそうですね。

怪しい噂ということで終わってしまうと、この話は終わってしまいますので、怪しい噂であることを踏まえながらも、ちょっと話を進めてみます。

例えば、ソニーでは高解像度版のカメラとしてα7Rを発売していますし、ビデオグラファー向けのカメラとしてα7Sを発売しています。なので、キヤノンとしても、そられらの製品に競合する製品を発売しても何らおかしくないので、EOS R5CとEOS R5Sというカメラが発売されてもまったくおかしくはないのかな?と感じています。

特に動画性能に関しては、キヤノンとしては力を入れたいところでしょうから、動画撮影用のカメラを発売するという可能性は高いのかな?と思いますね。そして残念なのは、もし動画用のEOS R5Cの発表をあわせて行っていれば、EOS R5の動画撮影時のオーバーヒート問題については問題とされなかった可能性が高いのではないのかな?というところですね。

キヤノンの次のフルサイズミラーレスはどのようなカメラになるのでしょうか?この噂が本当かどうか気になるところです。

(記事元)https://www.canonwatch.com/a-low-res-video-and-a-high-res-photo-cam-for-the-canon-eos-r-lineup/