ソニー 熱害なく8k録画可能なハイエンド機を計画中??

信頼できる情報筋から、登場する可能性のある2台のソニーカメラについての噂を得た。

2021年の第一四半期に、ソニーは下記のようなスペックのシリーズの上位機種となる新しいカメラを発売するだろう。

・大きくて本当にプロフェッショナル用のボディ
・944万ドットEVF
・新しい開発されたセンサー
・オーバーヒートなしの8k録画機能
・デュアルカードスロット
・α7S IIIからの新しいメニュー構成
・アクティブモードによる安定した撮影が可能のボディ内手振れ補正
・このカメラにおいてすべてが新しい
・価格は5999ドル

ソニーはα7 IVを2021年のいつか(たぶん第三四半期)に以下のようなスペックで発売する。

・α7 IIIよりわずかに大きく快適性が増したボディ
・368万ドットEVF
・144万ドット背面液晶
・新しく開発された3000万画素センサー
・オーバーヒートなしの4k 60p
・デュアルSD、CFExpress Type Aカードスロット
・α7S IIIからの新しいメニュー構成
・アクティブモードによる安定した撮影が可能の5軸ボディ内手振れ補正
・価格は2499ドル

(記事を一部引用して意訳しています)

ソニーの新製品の噂

PhotoRumorsがソニーの新製品について報告しています。画像はα7S IIIです。

噂によれば、2021年の1月~3月にソニーは新しいハイエンドモデルを投入するとしています。本体は既存のソニーのカメラよりも大きくなるようで、さらにオーバーヒートなしに8k動画を撮影できるとしています。価格は5999ドルとかなり高額で、記事執筆時点のレートで63万円という価格になります。同じく8k動画の録画機能のあるROS R5ボディの現在の価格が約46万円程度ですので、それよりも17万円ほど高い価格のカメラとなります。本当に高いですね。

ボディはかなり大きくてプロフェッショナル用のカメラとなるようです。縦グリップがあるのかどうかは不明ですが、恐らく8k動画の撮影をオーバーヒートなしに撮影することができるように、本体を大型化して冷却ファンなどを内蔵している可能性も高そうです。

そして、次に長らく期待されていたα7 IVが2021年の7月~8月頃に発売される可能性があるようですね。こちらは、たぶん先日発表されたα7S IIIの筐体や部品などを使い回すことで製造されるのではないのかな?と個人的に想像しています。なのでバリアングル液晶が採用される可能性もあるのかなと思いますが、どうなるのでしょうか?

(記事元)https://photorumors.com/2020/09/21/new-rumors-about-two-upcoming-sony-cameras/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog