富士フィルム APS-Cミラーレスの新シリーズの噂

富士フィルムが発売する新しいミドルクラスがX-S10と呼ばれることになると初めて報じたとき、多くの人はこれが忘れ去られていたX-S1の後継機種になるだろうと考えた。

しかし、そうではなかった!

X-S10はレンズ交換式のAPS-Cミラーレスカメラになるだろう。

それは「ミドルクラス」のカメラなので、従ってX-T30やX-E3と同じセグメントに組み込まれることになる。これが意味することは、X-T200のようなとても廉価にはならず、X-T4のような高価格にもならないということだ。

そして最も興味深いことは、X-S10は富士フィルムのミドルクラスのカメラで初めてボディ内手振れ補正を搭載するカメラになるだろうということだ。これは、ハイエンドのX-T4やX-H1だけに予約されていた特権だった。

(記事を一部引用して意訳しています)

富士フイルムのミドルクラスのAPS-Cミラーレスの噂

FujiRumorsが富士フイルムの新製品について報告しています。画像はX-T30です。

記事によれば、富士フイルムが新しいカメラとしてX-S10を発売するだろうという噂があるとしています。当初はこのカメラについて、X-S10という名称から、過去に発売されたことのあるX-S1というカメラの後継機種ではないか?と考えられていたそうです。

X-S1というカメラは、2/3インチセンサーを搭載した、レンズ一体型の高倍率デジカメで、いわゆるネオイチと呼ばれるスタイルのカメラでした。発売されたのは2011年とかなり昔のカメラです。焦点距離としては、2/3インチという大きなサイズのセンサーのわりには、かなり焦点距離が長く、35mm換算で24~624mmとなっています。

というわけで、名称からX-S1というネオイチの後継機種かと思ったら、そうではなくて実際にはレンズ交換式のAPS-Cミラーレスカメラということで、驚きを持って捉えられているということになっているようですね。

さらに気になるところは、X-T30のようなカメラになるのか、X-E3のような光軸上にEVFがないタイプになるのか?ということですが、その後の噂によれば、流出した画像から軍艦部があることが確認できるため、どうやらX-T30に近い形で、EVFはレンズの光軸上にある一眼レフと同じスタイルのカメラになるらしいということまでわかっています。

これまでミドルクラスのカメラにはなかったボディ内手振れ補正が初めて搭載されるということで、恐らくX-T30より上位のカメラになると想像されますね。ですが、X-T30の後継機種として発売してもいいと思うのですが、なぜ新シリーズとして発売されるのでしょうか?手振れ補正のないタイプとあるタイプで明確にシリーズ分けしたかったからなのでしょうか?気になりますね。

(記事元)https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-s10-fujis-first-aps-c-mid-range-milc-camera-with-ibis/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog