ソニー EOS R5に対抗し8k対応のα9 IIIを来年初旬に投入か??

新しいソニーのα9 IIIには5000万画素センサーとキヤノンと張り合う8k 30p録画機能があるようだ。

キヤノンはEOS R5でソニーを怒らせてしまったようだ。8kが本当に必要かどうかなんて誰が気にしているのか?そして、それが食べ物を温めることにも使えるかもしれないということを誰が気にしているというのか・・・。ソニーはキヤノンがスポットライトを浴びているという事実を本当に嫌がっていた。これが2021年のとても早い時期にα9 IIIで素早く反応する理由だろう。このカメラはまさにEOS R5でできる8k録画ができ、オーバーヒートはないが、キヤノンと比較して1500ドルととても高い。

これが噂されている仕様だ。

・ソニーが新しいハイエンドカメラを2021年第一四半期に発売する
・そればα9xシリーズとして命名されα7xとはならない(α9 Sになるかα9 IIIになるかは不明)
・新しい5000万画素センサー
・8k 30p オーバーヒートなしでの録画が確認されている。それはまだ”幼い”8kモード・・つまり8k 60pのようなクレイジーなものにはならず、内部録画の録画品質に制限がある。
・他の仕様はα7S IIIに似ている(EVF、オートフォーカスなど)
・少なくともEOS R5より1500ドル高い(しかし価格は最終決定されていない)。価格は4999~5499ドルあたりと予想される

(記事を一部引用して意訳しています)

8k動画機能のあるαの新しいカメラの噂

MirrorlessRumorsがソニーの新製品について報告しています。画像はα7S IIIです。

記事ではソニーがキヤノンのEOS R5に対抗する形で、8k動画が録画可能である新しいミラーレスカメラを投入するとしています。名前はα7シリーズにはならず、α9シリーズの名称を受けることになりそうです。α9 IIIなのかα9Sになるかは不明なようですが、とりあえずここではα9 IIIと仮に記述することにします。

発売時期はかなり早いようで、来年の初頭にも発売される可能性があるようですね。センサーは新しい5000万画素のセンサーが搭載されるとしています。EOS R5が約4500万画素ですので、ちょっと画素数が多くなっているような印象です。

価格はEOS R5より1500ドルぐらい高い価格になるようです。めちゃくちゃ高いですね。米国キヤノンの通販価格は3899ドルとなっていますので、もし4999~5499ドルというのが事実であれば、確かに1500ドルほど高くなっていることになります。

ちなみに日本ではEOS R5ボディの価格は約45万円ですので、1500ドル高いということは約16万円高く、約61万円ということになってしまいます。そのかわりオーバーヒートなしに8k 30pが撮影できるということのようですね。

ソニーはオーバーヒートを防げるのか?

そして、最大の特徴としてはEOS R5に対応する形で8k録画機能が搭載されるということのようですね。記述してあることが本当かどうかはわかりませんが、EOS R5がソニーを刺激した可能性があるとしています。そのため、来年の早い時期にキヤノンに対抗するためにα9 IIIを投入するのではないかとしていますね。

ソニーは様々なデバイスを製造しているメーカですので、動画録画時の発熱問題についても、かなり対処できる可能性が考えられます。今回のEOS R5の発熱は、イメージプロセッサやイメージセンサーの発熱ではなく、CFExpressカードに起因するものが大部分であるという解析が行われています。CFExpressは取り外しするものですし、キヤノンが製造するものではないので、カードそのものに温度センサーを付けるのが難しい状況です。なのでEOS R5の録画時間制限は、温度センサーによる制限ではなく、利用時間により制限されているのではないか?と噂されています。

ですが、ソニーの場合はセンサーはもちろんソニーのセンサーを利用していて、そして恐らくソニー(の子会社)が製造するCFExpress Type Aカードを利用するはずですので、メモリカードスロットに温度センサーを仕込むこともできるでしょうし、なりより発熱の少ないCFExpress Type Aカードを製造することも可能になるのではないのかな?と思いますね。

さらにセンサーについても自社で製造しているため、8k動画の撮影に最適なセンサーを製造できる可能性もあります。例えばキヤノンは横幅のピクセル数を8k動画の横幅のピクセル数の倍数とすることで、ピクセルビニングによりクロップ無しでの8k動画の録画を可能としています。そして、オーバーサンプリングすることなくプロセッサの発熱を抑えることも可能になると思います。

Eそのように設計されたセンサーを利用するかどうかは不明ですが、仮に同じ手法を採用しようとした場合、ソニーは自社でセンサーを製造しているため、対応するセンサーのカメラを発売するのもより容易なのだと思いますね。

ミラーレスは静止画の機能はほぼ一通り満足できるレベルまで仕上がっているような状況で、動画という領域へ踏み込もうとしているわけですが、今後がどうなるのか楽しみですね。

(記事元)https://www.mirrorlessrumors.com/new-sony-a9iii-camera-will-have-a-new-50mp-sensor-and-record-8k30p-to-compete-with-the-canon/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog