ニコン Nikon Z 7 II/Z 6 IIを10月14日に正式発表へ

(記事元)https://www.nikon-image.com/sp/the_next_chapter/

ニコンがZ 6/ Z 7の後継機を発表へ

本日、ニコンのサイトにNikon Z 7 II/Z 6 IIに関するティザー広告が掲載されています。画像クリックで拡大します。

内容は、2020年10月14日(水)の日本時間21:00にNikon Z 7 II/Z 6 IIの発表を行うという内容です。実際には発表するとか記述されていませんが、Nikon Z 7 II/Z 6 IIの名称があることから、間違いなくNikon Z 7 II/Z 6 IIの発表に関するものだと思います。

9月26日に投稿した以前の噂によれば、1週間後にもNikon Z 7 II/Z 6 IIの発表があるかもしれないとしていました。ですが今回のティザーによると10月14日に発表となりますので、9月26日の時点からみるとおよそ3週間後ということになり、1週刊後の発表というのは間違っていたことになります。ちなみに記事元では10月の後半ぐらいではないか?としていましたので、記事元の筆者のほうの予想が正しかったことになります。

ですが、9月26日から1週間後というと10月1日付近になるのですよね。そう考えると、1週間後の発表があるという噂は、今回のティザー広告の公開日だった可能性があります。そして実際に、本日、ティザーが公開されているわけで、1週間以内の発表というのもあながち間違った噂ではなかったかもしれません。

Nikon Z 7 II/Z 6 IIの仕様

さて、それでは、Nikon Z 7 II/Z 6 IIの仕様に関する噂のまとめです。

・新しいモデルはZ6s、Z7sの代わりにNikon Z 6 IIと、Nikon Z 7 IIと呼ばれるだろう
・現在のZ 6/Z 7の機能更新版モデル
・カメラの形状はほとんどZ 6/Z 7と同じ
・Z 6/Z 7と同じセンサー
・Z 6/Z 7と同じEVF(以前の噂は現在のZ 6/Z 7の369万ドットより多い576万ドットであることを示していた)
・改良されたAF(顔/瞳/動物検知)
・デュアルEXPEEDプロセッサ
・新しいEN-EL15cを使用
・USB給電
・デュアルメモリカードスロット CFExpressとSDメモリ(XQD、CFExpress Type B、SD-UHS-II)
・より速いフレームレート
・より多くのバッファ
・4k 60pビデオ
・新しいビデオ機能
・改良されたユーザーインターフェース
・レリーズボタンとコントロールのある縦グリップのサポート(アクセサリ)
・リリース後のファームウェアアップデートで、機能の改善が予想されている
・10月頃の発表が予想される
・Nikon Z 6Sは最後の2400万画素センサーのニコンのカメラになる
・現在Z6(1797ドル)、Z7(2497ドル)の価格より高い

というわけで、基本的にマイナーチェンジという内容なのか、かなり刷新されているのかはわかりませんが、デュアルカードスロットの搭載で自由度が増したり、デュアルEXPEEDプロセッサで連写性能、AF性能が向上している可能性があり、期待してしまいますよね。

最初の製品は購入したくないという人も多かったと思いますが、いよいよ後継機種としてでてきたということで、2代目だから購入しようかな?という人もいるのかな?と思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog