キヤノン EOS Kiss M Mark IIの仕様の噂 ボディ内手振れ補正なしか??

EOS M50 Mark IIが2020年末までに発表されるだろうことを確認できた。新しいEOS Mは非常に愛されているオリジナルのEOS M50の機能を元に作られることを約束している。

噂されるEOS M50 Mark IIの仕様

・3250万画素APS-C CMOSセンサー
・DIGIC X(たぶん新しいバージョン)
・デュアルピクセルオートフォーカス II
・14コマ/秒
・4k 60p クロップなし
・ボディ内手振れ補正はなし
・EOS R6と似たEVFの解像度
・シングルSDカードスロット

これとほとんどかなり論理的に見える。キヤノンはEOS M6 Mark IIの販売と食い合いになることをあまり気にしていないと思う。ボディ内手振れ補正がないことに驚く人もいると思うが、このボディ内手振れ補正が省略された仕様は理にかなっているので、私はさほど驚いていない。

(記事を一部引用して意訳しています)

EOS Kiss M Mark IIの噂

CanonRumorsがEOS Kiss M Mark IIの仕様の噂について報告しています。画像はEOS Kiss Mです。

記事によれば、EOS Kiss M Mark IIは2020年末までに発売される可能性があるとしています。EOS M50はEOS Kiss Mの海外名で、EOS M50 Mark IIということは、EOS Kiss M Mark IIになることを意味しています。

仕様については上記のような仕様になるようで、4k 60pもクロップ無しで撮影できるようですし、14コマ/秒もの高速連写性能もあるしで、かなり機能的な魅力な製品に見えますね。これで、EOS Kiss Mと同じ価格になるとしたら、かなりコスパのいい商品といえそうです。

ですが、期待されていたボディ内手振れ補正が搭載されないというのは、かなり残念だったかもしれませんね。さすがにEOS M6 Mark IIと似たようなカメラになってしまうのは、販売上問題があると思ったのかもしれません。Kissブランドは日本では強いですから、国内ではかなり売れると思いますね。

(記事元)https://www.canonrumors.com/canon-eos-m50-mark-ii-specifications-cr2/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog