EOS R1はグローバルシャッターセンサー搭載と噂 メカシャッターなし??

キヤノンが開発した新しい2100万画素センサーは、EOS R1に搭載されるかもしれない?

我々は興味深いヒントを入手したので、これをみなさんと共有したい。それはキヤノンによって開発された新しいイメージセンサーに関してで、それはEOS R1に搭載されるかもしれない可能性がある。

我々の情報筋が言うことには、キヤノンは以下のようなスペックの新しいセンサーを開発したということだ。

・2100万画素フルサイズセンサー(6.4μm)
・グローバルシャッター
・120dBのダイナミックレンジ
・120コマ/秒
・センサーはISSC 2017で見られた2/3インチのグローバルシャッターセンサーを改良した技術をベースにしている

これには、以下のような疑問がある。この噂されているセンサーはこのセンサーはEOS R1とともにやってくるかもしれないのだろうか?EOS R1はEOS-1 D Xシリーズと同等と言われていて、そして2021年に発売されると噂されている。2100万画素のセンサーは、2021年のスポーツ撮影向けのプロフェッショナルミラーレスカメラとして十分な画素数だろうか?

(記事を一部引用して意訳しています)

EOS R1用のセンサーを開発?

CanonWatchがキヤノンの新しいイメージセンサーについて報告しています。画像はEOS-1 D X Mark IIIです。

記事によれば、キヤノンが上記のスペックのような新しいセンサーを開発したと噂されているようです。その仕様はかなりすごいもので、グローバルシャッターを実現し、120コマ/秒の撮影を可能にしているそうです。

そして、このセンサーはISSC 2017というかつて発表されたセンサーの機能をベースにしていると噂されています。そんなのあったかな?と思って調べてみると以下の記事がヒットしました。

 キヤノンはダイナミックレンジが111dBと広い、グローバルシャッター(GS)方式対応のCMOSイメージセンサーを開発し、「ISSCC 2017」で発表した(講演番号:4.5)。

一般的なCMOSセンサーは画素行ごとに順次露光する「ローリングシャッター方式」で、画素ごとの信号読み出しで時間差が生じるため、高速で動く被写体が歪んで写る場合がある。これに対してグローバルシャッター方式では、全画素を同時に露光するため、高速で動く被写体の撮影に向く。ただし、グローバルシャッター方式には、ダイナミックレンジが狭いという課題がある。そこで、大きく2つの工夫を盛り込んだ。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://xtech.nikkei.com/dm/atcl/event/15/020300102/021400023/

この記事は2017年2月の記事ですので、その当時にはグローバルシャッターのCMOSセンサーを開発していたのですね。そして、このセンサーを応用して、新しいフルサイズセンサーを開発したということなのでしょうか?

メカシャッターのない最強ミラーレスの登場か?

記事によれば、120コマ/秒という連写性能があるとしています。この数値はすごいのですが、これは、もちろん、メカシャッターで120コマ/秒は不可能でしょうから、恐らく電子シャッターで120コマ/秒という高速連写性能を実現しているのだと思われます。

ですが、仕様に「グローバルシャッター」という記述があります。ということは、ローリングシャッター歪みは発生しないことになりますので、そう考えるとメカシャッターは不要ということになります。

メカシャッターがなければ、シャッターショックがないので手振れも少なくなります。そして幕を動かす必要がないので、そのぶんバッテリーの持ちもよくなることが考えられます。メカシャッターがないのでカメラそのものの耐久性も向上しますし、本体の小型化、グローバルシャッターを実現したセンサーの製造原価との兼ね合いになりますが、メカシャッターがないぶん低価格化を実現できるかもしれません。

そう考えると、EOS R1はなかなかイノベーティブな製品になる可能性も考えられますよね。どのような製品になるのか、本当にこのようなセンサーが開発されたのか興味があるところですね。

(記事元)https://www.canonwatch.com/canon-developed-a-new-21mp-sensor-might-it-be-featured-on-the-eos-r1/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog