14日発表のZ 6 II、Z 7 IIの仕様がさらに流出?? 期待外れとの声も

これがNikon Z 6 IIとNikon Z 7 IIの噂されているさらなるスペックと詳細だ。

・新しいZ 6 IIは11月中旬、Z 7 IIは2021年の1月に出荷が開始されるだろう(?)
・2021年のファームウェアのアップデートアップデートで1.7倍クロップの4k 60p機能がリリースされる
・各地域のZ6(1797ドル)、Z7(2497ドル)の価格よりも30%ほど高くなると予想される
・Z 6 IIとZ 7 IIのセンサーはZ6/Z7と同じで、AFの改善は追加の/新しいイメージプロセッサによるものだけだ
・Z 6 IIとZ 7 IIのバッテリーグリップはMBN-11と呼ばれる
・MBN-11には以前に報告したようにレリーズボタンがあり、電子接点がバッテリー挿入口にあるだろう(D80/D90のクリップに似ている)。
・Z6 IIは14コマ/秒、Z7 IIは12コマ/秒
・最も改善されたのは瞳AFと動物AFの領域で、AF-Cモードのいくつかの改善がある
・新しい改善された省電力モード
・SnapBridgeを通じてZ 6 IIとZ 7 IIのファームウェアをアップデートできる
・改良されたバッファ。Z 6 IIで99コマ、Z 7 IIで57コマ
・カメラの一つの機能として、コントロールリング、フォーカスリングを回す方向を反転させることができる

(記事を一部引用して意訳しています)

Z 6 IIとZ 7 IIの噂

NikonRumorsがNikon Z 6 IIとZ 7 IIの噂について掲載しています。画像はZ 6です。

記事によれば、さらなるNikon Z 6 IIとNikon Z 7 IIの噂が流出しているようです。前回にも流出した情報がありましたが、それより、さらに詳しくなっている部分もあるようですね。ちなみに、以前の噂はこのような感じでした。

・新しいモデルはZ6s、Z7sの代わりにNikon Z 6 IIと、Nikon Z 7 IIと呼ばれるだろう
・現在のZ 6/Z 7の機能更新版モデル
・カメラの形状はほとんどZ 6/Z 7と同じ
・Z 6/Z 7と同じセンサー
・Z 6/Z 7と同じEVF(以前の噂は現在のZ 6/Z 7の369万ドットより多い576万ドットであることを示していた)
・改良されたAF(顔/瞳/動物検知)
・デュアルEXPEEDプロセッサ
・新しいEN-EL15cを使用
・USB給電
・デュアルメモリカードスロット CFExpressとSDメモリ(XQD、CFExpress Type B、SD-UHS-II)
・より速いフレームレート
・より多くのバッファ
・4k 60pビデオ
・新しいビデオ機能
・改良されたユーザーインターフェース
・レリーズボタンとコントロールのある縦グリップのサポート(アクセサリ)
・リリース後のファームウェアアップデートで、機能の改善が予想されている
・10月頃の発表が予想される
・Nikon Z 6Sは最後の2400万画素センサーのニコンのカメラになる
・現在Z6(1797ドル)、Z7(2497ドル)の価格より高い

この噂と比較するとバッファのコマ数、連写速度などで具体的な数値がでてきていることがわかりますね。そして動画に関しても、どうやら4k 60pは1.7倍クロップになってしまうようです。このあたりは高フレームレートの4k動画を撮影したかった人にとっては残念かもしれません。ただし、これは4k 60pの全画素読み出しに最初から対応していて、その後にファームアップで1.6倍クロップモードが利用可能になるという話なのかもしれませんので、このあたりは正式発表を待ちたいところですね。

ちなみにZ 7 IIとZ 6 IIの正式発表は、日本時間で10月14日水曜日の21時からになります。ライブ配信されるようですので、そちらも楽しみです。ただ、ティザー広告では「Zは新境地へ」というキャッチコピーがあるのですが、上記の流出した仕様からみて、ネットなどでは大して変化がないとか、キャッチコピーほどの内容ではないという意見も多いようです。実際にはどのような製品になるのか、期待以上のものになるのか、肩透かしになってしまうのかちょっと心配です。

(記事元)https://nikonrumors.com/2020/10/09/more-nikon-z6-ii-and-z7-ii-rumored-specifications.aspx/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog