キヤノン 来年は怒濤のレンズ発売ラッシュか?? 16本発売の噂

2021年のキヤノンのレンズ発売計画について私が知っている情報を投稿することができた。この情報は素晴らしい情報筋からのもので、すべてではないが、ほとんど頼っている。

■以下のレンズは次に進行中の可能性がある

・Canon RF 70-200mm f/4L IS USM 繰り出しズーム、非常に小型、コーラの缶ぐらいのサイズ
・Canon RF 50mm f/1.8 STM このレンズはEFバージョンより優れた光学系で製品品質が高い

■ これらのレンズは2021年に発表される可能性がある

TS-RレンズはRFマウント用の”画期的”なオートフォーカスのチルトレンズだ。

・Canon TS-R 14mm f/4L
・Canon TS-R 24mm f/3.5L
・Canon RF 10-24mm f/4L USM
・Canon RF 14-35mm f/4L IS USM
・Canon RF 24mm f/1.8 IS STM Macro
・Canon RF 35mm f/1.2L USM
・Canon RF 100mm f/2.8L Macro IS USM
・Canon RF 135mm f/1.4L USM
・Canon RF 100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
・Canon RF 400mm f/2.8L IS USM
・Canon RF 500mm f/4L IS USM
・Canon RF 600mm f/4L IS USM
・Canon RF 800mm f/5.6L IS USM
・Canon RF 1200mm f/8L IS USM.

(記事を一部引用して意訳しています)

キヤノンがレンズの怒濤発表ラッシュ

CanonRumorsがキヤノンが来年末までに発表される可能性のあるレンズについて報告しています。画像は今回の噂のレンズとは無縁のEOS R5の画像です。

記事によれば、上記のようなレンズの発売される可能性があり、さらにすでに進行中の可能性があるレンズが2本あるとしています。全部の数は16本で、2021年に発売されるレンズの数は14本になるとしています。ものすごい数ですね。

中にはかなり面白いレンズもあり、特にこの段階でチルトレンズの発売の可能性があるというのにちょっとびっくりですね。そして来年にはプロフェッショナル向けカメラとしてEOS R1が発売される可能性があるとしていますが、その発売に向けて望遠レンズの開発も着々と進んでいることが窺えます。

これだけのレンズが本当に発売されるのですかね?通常は年に多くて5本から6本ぐらいというイメージがありますが、まさか16本ものレンズが発売されてしまうのでしょうか?レンズの拡充を急ぐことで、フルサイズミラーレスのシェア奪還を狙うキヤノンの本気をみている感じがしますね。

(記事元)https://www.canonrumors.com/well-well-well-could-this-be-canons-lens-roadmap-for-2021-cr2/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog