ニコンの今後の新製品の噂 Z 8、Z 30、Z 100-400mmなど

これが次にニコンから発表が予想される噂のまとめだ。

■ Nikon Z ミラーレスカメラ
・Nikon Z 6 IIとNikon Z 7 II(来週登場)
・Nikon Z 8/Z 9
・Nikon Z 30 APS-Cカメラ(名称は確認できていない)

■ Nikon Z レンズ
NIKKOR Z 24-105mm f/2.8-4.5 S NIKKOR Z 24-105mm f/2.8-4 S とNIKKOR Z 100-400mm f/4-5.6 VR Sは、まだ2020年のリリースに向けて計画されている。しかし、遅延する可能性がある(特に100-400mmレンズで)
・新しいNIKKOR Z 400mm f/2.8ミラーレスレンズも2021年に噂されている
・200-600mmと105mmマクロも2021年内に発売される
・ニコンは2021年末までに24本のZマウントレンズを計画している

■ Nikon D850の後継機種
・Nikon D850の後継機種が2021年に予想されている。まだこのこを話すのには早すぎるが、2021年の1月か2月のいつかに予想できると聞いている(確証はない)

■ その他
・D500、D5、D850は2020年末までにCFExpress対応ファームを得られる
・二つの新しいワイヤレスリモートコントローラー

(記事を一部引用して意訳しています)

ニコン新製品の噂

NikonRumorsがニコンの新製品についての噂を報告しています。画像はNikon Z 6です。

記事ではニコンから発売される噂が記述されていますね。まずは14日に発表されることになっているNikon Z 6 IIとZ 7 IIです。これらのカメラについては、すでにニコンがティザー広告で告知していますので、これらが発表されることは確実です。

さらに、たぶんですがNikon D6のミラーレスバージョンとなる可能性のあるNikon Z 8/Z 9の噂もまだあるようですね。そして、Nikon Z 50よりも下のクラスとなる、EVFがなく背面液晶だけの製品になるという噂のあるAPS-CミラーレスのZ 30の発売の噂があるようです。

レンズについても、便利ズームの24-105mm f/2.8-4 S、超望遠ズームの100-400m f/4-5.6も予定されているようですね。さらに、400mm f/2.8、200-600mmと、105mmマクロも発表されるとしています。これだけのレンズが発売されるとなると、かなりのレンズが発売される可能性があるように思えますね。

一眼レフのミラーレス化が進むか

一眼レフとミラーレスをそれぞれ別々に開発してしまうと、それぞれ別に開発費が掛かってしまいますので多くの開発費が必要になってしまいます。ですが、一眼レフの中身をミラーレスにして、事実上、同じ機能、性能で、ミラーレスバージョンと一眼レフバージョンを発売すれば一つの機種の開発費でミラーレスと一眼レフをそれぞれ発売することができ、それだけ研究開発費の節約になります。

実際に、Nikon D780の中身(性能)が、ほぼNikon Z 6と同じだったことを踏まえると、ニコンは同じようなことを今後の機種でも考えている可能性はありますよね。

そのため、例えば、Nikon D850の後継機種の中身がNikon Z 7やNikon Z 7 IIであったりですとか、将来のNikon D7の中身は、今後発売が噂されているスポーツ撮影向けのミラーレスカメラであるNikon Z 9/Z 8という可能性も考えられそうです。

そうすると、噂されているNikon D850の後継機種、たぶんNikon D880は中身がNikon Z 7 IIという可能性は結構高いと思われますね。

(記事元)https://nikonrumors.com/2020/10/11/what-to-expect-next-from-nikon-20.aspx/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog