キヤノン RFマウントAPS-Cミラーレスを2021年後半にも発売との噂

ネット上に浮上した最新の噂によれば、キヤノンは二つの異なるRFマウントのAPS-Cカメラに取り組んでいるようだ。これらは同じモデルのプロトタイプに取り組んでいるのかもしれない。これらの唯一の顕著な違いは、片方にはEVFがあり、片方にはEVFがないことだ。最新の噂によれば、もしすべてが順調に進んだ場合、2021年の下半期にRFマウントのAPS-Cカメラをみることになるかもしれない。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)http://thenewcamera.com/canon-aps-c-rf-mount-camera-more-confirmations/

キヤノンのRFマウントのAPS-Cカメラの噂

New Cameraがキヤノンのカメラについての噂を報告しています。

記事によれば、キヤノンがRFマウントを採用したAPS-Cカメラを来年の後半にも発売する可能性があるとしています。具体的なことはあまりわかっていないようですが、二つのプロトタイプ機がテストされている可能性があり、その違いはEVFの有無だとしていますね。

キヤノンは現在でもEF-Mマウントを採用したEVFなしのAPS-Cミラーレスカメラを発売していますので、仮にRFマウントでAPS-Cミラーレスが発売されるとしても、その可能性は十分にあるだろうな?とは思います。

EF-Mの今後の暗雲も?

ですが、一つだけちょっと気になるところがあります。それは、もし、この噂が事実であればキヤノンはEVFなしのミラーレスも検討しているということになります。

もちろんEVFなしのAPS-Cミラーレスを検討していることについては問題ないのですが、フルサイズ用のマウントであるRFマウントを採用して、EVFがない機種を作るということはあり得るのでしょうか?

キヤノンはEF-Mでは、EOS M6 Mark IIでEVFのない高価格帯の製品を発売しています。ですが、これはEF-Mマウントを採用していて、マウント径が小さいので小型化する意味としてのメリットがあったと思います。マウント径がかなり大きいRFマウントで、EVFを外付け、またはEVFなしの背面液晶だけで、高級モデルとして販売される可能性は低いと思いますよね。

そう考えると、もしこのEVFのないRFマウントのAPS-Cミラーレスが、APS-Cの廉価製品になる可能性がある場合、それはEF-MマウントのAPS-CがRFマウントのAPS-Cミラーレスへの移行が示唆される可能性が考えられるので、この製品が本当に登場するかどうかは、かなり重要になるのかな?と思っています。

カメラ市場が縮小するなかで、EF-MとRFマウントの両方のミラーレスマウントを維持できるのかは、見方が分かれると思いますが、今後を占う製品となるのかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog