キヤノン RFマウント新製品の噂 EOS RP後継 RF APS-C機など

今後のRFマウントカメラに関する情報を少しずつ、そして断片的に得続けている。複数の既知の情報筋と消息筋からの情報を基に、きたるべきRFマウントカメラのラインナップがどのようになるか全体像をつかもうと試みた。

・EOS RPに置き換わる新しいエントリークラスカメラ
このカメラは現在のEOS RPカメラ本体よりも安くなるだろう

・EOS RPの後継機種の上位にある二つ目の本体
EOS RPとROS R6には2499ドルという大きな価格差があることになる。それらの2台のカメラにフィットする第2のカメラがあるだろうと言われた。それはEOS R Mark IIにはならない。

・APS-CのRFマウントカメラがある
私はこのカメラが2021年のいつか起こるだろうと確信している。コンパクトで素晴らしいAPS-Cのシステムが欲しい人に向けて、いくつかの小さなレンズも押さえて置いてほしい。

・EOS R5の高解像度バージョン
公然の秘密となっているものの一つが、キヤノンが高解像度のRFマウントカメラを発表するだろうということだ。直近で私が言われたのが、それはR5の”倍の解像度”になるということだ。そのようなカメラにとってビデオ機能は分野が異なり中心にはならないだろうと私はみている。

・フラッグシップRFマウントカメラ
東京オリンピックは開催に向けて進んでいるとみられるが、私は何らかのフラッグシップRFマウントカメラの発表があるだろうと予想している。

(記事を一部引用して意訳しています)

RFマウント新製品の噂

CanonRumorsがRFマウントの新製品の噂について報告しています。画像はEOS R5です。

記事によれば、様々なカメラが発売される噂があるようです。

まずはEOS RPよりも廉価なエントリークラスのカメラが発売されるとしています。価格がかなり安くなることが期待されますね。EOS RPにはボディ内手振れ補正が搭載されていませんが、ライバル機種となる各社のミラーレスではボディ内手振れ補正が搭載されているものもありますので、EOS RPの後継機種についてもボディ内手振れ補正の搭載が期待されるところですよね。

さらに、EOS RPの後継機種とEOS R6の間を埋める何かしらの新製品の発売があるかもしれないとしています。しかし、EOS R Mark IIにはならないということのようですので、この機種とは別にEOS R Mark IIという製品の後継機種もいつか発売されるのでしょうか?気になります。

APS-Cの絶えない噂

そして、2021年にはAPS-CセンサーのRFマウントカメラが発売されると確信しているとしています。確信しているということは、かなり確度の高い情報があるということだと思いますね。

これまで何度もAPS-CセンサーのRFマウントカメラの噂がありましたが、なかなか詳細な情報はでてきていませんでした。本当に発売されるのかどうか疑問に思っている人も多いと思いますが、確信しているとまで言われてしまうと気になってしまいますね。

RFマウントのAPS-Cカメラについて販売される可能性はあると思いますが、そうすると既存のEF-Mマウントのミラーレスはどうなるのでしょうか?

可能性のあるシナリオとしては廉価機はEF-Mで、ハイアマチュアやプロフェッショナルモデルに関してはRFでという棲み分けが最も可能性が高いのかな?と想像しています。RFマウントに完全に集約してしまうのもいいですが、RFマウントは大口径なので小型なカメラを作ることができません。そうすると口径の小さなEマウントと対抗するのが難しくなってしまうと思います。

レンズに関してもRFマウントのフランジバックはEF-Mより長いので、RFマウント用に設計したレンズをそのまま、口径による問題がなければEF-Mにも移植することができるので、両方のマウントを維持し、レンズも拡充するというのは案外、コストが掛からない可能性もあるのかな?と思うのですが、実際はどうなるのでしょうね。気になります。

(記事元)https://www.canonrumors.com/this-is-the-possible-canon-rf-mount-camera-roadmap-cr2/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog