パナソニック マイクロフォーサーズ用Lマウントアダプタは発売せず

 パナソニックはマイクロフォーサーズ用のマウントアダプタを発売しないようです。

パリで行われたフォトショーでLumixの担当者が、パナソニックはマイクロフォーサーズ用のマウントアダプタを市場に投入予定はないと認めた。もし本当なら最悪だ・・
 
(記事を一部意訳しています)

 パナソニックはマイクロフォーサーズ用のレンズをLマウントに取り付けるマウントアダプタを発売する予定はないようです。

 というより、マイクロフォーサーズのフランジバックは20mmと言われており、さらにLマウントのフランジバックも20mmなので、実質的にかなり難しいアダプタであるといえますね。同じフランジバックですので、レンズが完全にマウントアダプタ内部にめり込むような形で装着することになりますので、マイクロフォーサーズ用の信号などをLマウント用に変換するような機器を詰め込むのが非常に難しいような感じになるのは明白ですし、一部レンズによっては干渉することも考えられそうです。

 さらに、たぶんですがLマウントのアライアンスに加盟しているメーカは、他社にシェアを奪われたくないでしょうから、他の規格のマウントアダプタを発売するのを禁止すらしている可能性も考えられそうです。

 パナソニックが関わっているのでマイクロフォーサーズとの関係を想像してしまいますが、そこは割り切って考えたほうがいいのかもしれませんね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.l-rumors.com/panasonic-will-not-make-a-mft-to-l-mount-lens-adapter/