キヤノン 低価格フルミラーレスEOS RP 売り出し価格が驚異的安さに

 かなりの低価格ですね・・。


(記事を一部引用しています)

 キヤノンの廉価版EOS RPが発表になったわけですが、その予想価格にかなり多くの人が驚いていましたね。スペックなどをみるとボディ内手振れ補正がないなどのマイナス意見もありましたが、この価格であればということで、日本でも、海外でも静止画を撮影する人にとっては、かなり好意的な意見が多いようでした。

 ただ一つ、動画撮影性能だけが残念ということもあるようですが、静止画しか撮影しないのであれば本当に低価格でいいですよね。

 というわけで売り出し価格ですが、個人的にはかなり安くて驚きました。15万6000円となっています。本体だけですので、中倍率ズームを購入しても27万円ほどとかなりお安く手に入れることができます。35mmの単焦点レンズだけでよければ、20万円前後で手に入れることができるので、かなりお安いという印象ですね。

<<下に記事が続きます>>


 たぶん、価格はここからどんどん下がっていくと思われますが、もともとの値段が安いからそれほど下がらないにしても、10万円を割ることも予想されますので、そうなると9万円ほどでフルサイズカメラが手に入るというとんでもないことになるわけですが、可能性としては考えられそうです。

 というわけでキヤノンはかなり戦略的に様々な製品を発売したり、価格設定しているわけですが、それだけ今がフルサイズミラーレスのシェア争いに大切な時期ということがわかりますね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://kakaku.com/item/K0001129952/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。