オリンパスのプロ用ミラーレスが売上ランキング1位の快挙達成

オリンパスのプロ用ミラーレスが売上ランキング1位の快挙達成

 OM-D E-M1Xが売れているようですね。

 
第1位 オリンパス OM-D E-M1X ボディ
第2位 ソニー α7 III ボディ
第3位 ニコン Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット(ボディ+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S+マウントアダプターFTZ)
第4位 キヤノン EOS R ボディ
第5位 ソニー α7R III ボディ
第6位 ソニー α7 III レンズキット(ボディ+FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS)
第7位 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット(ボディ+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS+E 55-210mm F4.5-6.3 OSS / カラーバリエーション含む)
第8位 ニコン D5600 ダブルズームキット(ボディ+AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR+AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR)
第9位 ソニー α6400 高倍率ズームレンズキット(ボディ+E 18-135mm F3.5-5.6 OSS)
第10位 ソニー α6400 パワーズームレンズキット(ボディ+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS / カラーバリエーション含む
 
(記事を一部引用しています)

 オリンパスの発売するプロフェッショナル向けのミラーレスカメラが、ヨドバシカメラの2月下旬の売上ランキングで1位を獲得したそうです。

 オリンパスのファンの皆様には失礼ですが、E-M1Xはそれほど売れないのではないのかな?と思っていましたが、発売直後でのランキングとはいえ、1位を獲得したことには驚きました。1位になっているのはボディなので、恐らくですが既存のユーザの買い換え需要が旺盛だったと考えられそうです。

 そして3位にはNikon Zがランクインしています。4位がEOS Rですので、こちらもかなり売れているカメラと考えられるかもしれません。ですが、楽観もしていられませんね。なぜでしょうか?

 

<<下に記事が続きます>>


 まずプラスな面としてはEOS Rはレンズキットがないのでボディ単体の販売となります。つまりEOS Rを購入する人は全員EOS Rボディを購入することになるので、そのぶんランキングとしては上にランクインすることになります。Nikon Zの場合は、ただでさえZ6とZ7のモデルがあるうえに、それぞれレンズキットやアダプタキットがあるので購入がバラけます。それでも、EOS RよりZ6の標準ズーム+マウントアダプタキットがランク上位に位置しているというのはプラスに解釈できますね。

 マイナスな面としてはEOS RPが発表されていることです。EOS RPは非常に廉価な製品で、安価にフルサイズミラーレスを購入したい人にはうってつけの製品です。この製品の噂はかなり前からありましたので、それを知っていたため購入を手控えた人もいると考えられます。なので一時的にEOS Rより上位にランクしているかもしれませんが、あっという間にEOS RPに逆転されてしまう可能性があります。これがマイナスな側面です。

 そのあたりはさておき、オリンパスのE-M1Xについては、今は発売直後なので好調ですが、これをどれだけ維持できるかが注目されますね。プロ用のカメラをほしいけど重たいので・・と遠慮していた人にはうってつけのカメラとなるかもしれません。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://capa.getnavi.jp/news/289331/

販売・価格情報カテゴリの最新記事