マップカメラ デジカメ販売ランキング 一眼レフTOP10ランク外の衝撃

 マップカメラのデジカメランキングがすごいことになっています。

 
1位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY Cyber-shot DSC-RX0M2 コンパクトデジタルカメラ
4位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
5位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ
6位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
7位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ
8位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
9位 SONY α9 ミラーレス一眼カメラ
10位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ
 
(記事を一部引用しています)

 マップカメラが前月の4月における新品デジカメランキングを公表しています。記事によれば、上記のようなランキングになっており、このランキングからは一眼レフが完全になくなってしまいました。これはかなりの衝撃と言えそうです。

 この表をみるとAPS-Cミラーレスが1位を獲得しているわけですが、フルサイズミラーレスもかなりの数がランクインしていることがわかります。これはマップカメラという特性も考えられそうです。それはなぜでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 マップカメラは有名なカメラ専門店で、特に中古カメラの売買においてはフジヤカメラとマップカメラが両雄といえる存在です。このショップで良品になっているものは、ほとんど新品に近い商品と言われるぐらいに査定などが厳密で安心して取引できる店舗として有名ですね。

 というわけで、このショップは通常のネット量販店のランキングとは異なり、よりカメラについて詳しい人、撮影を趣味としている人、ハイアマチュアの人などが利用している割合の高いショップと言えることができると思います。

 そんなわけで、ソニーのα7、ニコンのNikon Z6、キヤノンのEOS Rシリーズなどが比較的高い割合で売れているということが考えられそうですね。また、コンデジもRX0M2GR IIIなど、比較的マニアックなカメラもランキング入りしているのが特徴といえそうです。

 そのようなショップですので、一眼レフカメラも何機種かランクインしているのかなと思いましたが、コンデジとミラーレスだけのランクインになってしまい、一眼レフ市場がかなり縮小してしまっている結果がこのランキングにも現れているということが言えそうですね。

 一眼レフには一眼レフのメリットがもちろんあるわけですが、ほとんどの人は特にファインダーに関するデメリットを許容してもサイズが小さく軽量なミラーレスを選択していると言えるのかもしれません。考えるよりミラーレス化は進んでいるのかもしれませんね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=32267



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。