コンデジ販売ランキング いま何が売れている? ニコン2機種ランクイン

 いまコンデジは何が売れているのでしょうか?

 
1位 →(前週1位)COOLPIX A100 シルバー(ニコン)
2位 →(前週2位)IXY 200 シルバー(キヤノン)
3位 →(前週3位)PowerShot SX620 HS ブラック(キヤノン)
4位 ↑(前週6位)COOLPIX A100 レッド(ニコン)
5位 ↓(前週4位)IXY 650 シルバー(キヤノン)
6位 ↑(前週9位)PowerShot SX720 HS ブラック(キヤノン)
7位 ↓(前週5位)Cyber-shot W830 DSC-W830(ソニー)
8位 →(前週8位)COOLPIX W100 ブルー(ニコン)
9位 ↓(前週7位)IXY 200 レッド(キヤノン)
10位 ↑(前週13位)PowerShot SX620 HS ホワイト(キヤノン)
 
(記事を一部引用しています)

 2019年5月20日~26日のコンパクトデジタルカメラの販売ランキングが公開されています。記事によれば上記のようなランキングになっているようですね。これをみるとニコンではA100とW100が売れていることがわかります。A100は5倍ズームのスタイリッシュコンデジ、W100は3倍ズームのタフネスコンデジです。それではランキングの中身はどのようになっているのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 ランキングをみると、もうほぼ廉価コンデジで占められているのがわかりますね。違いはズームの倍率と、スマホとの連携の有無、センサーがCCDか裏面照射型かの違い程度のようです。ですので、恐らくユーザとしては価格がメインで、あとはデザインとスマホ連携の有無によってほとんど決められていると思えますね。

 Coolpix A100が1位になっているのは単純に価格が安いからだと思われます。発売してからかなりの期間が経過していますので、価格は1万円以下になっており、その値段なら売れるのもわかりますね。タフネスコンデジのCoolpix W100もスマホとの連携機能がありながら、防水防塵耐衝撃コンデジで、価格も最安値で1万5000円程度ですので、これも売れる理由がわかるというものです。

 このランキングからみてわかるのは、やはり高級コンデジというのは廉価コンデジより売れていないのだなということですね。ここまでスマホのカメラが一般的になっているのにも関わらず、コンデジは高級コンデジより売れているのだなと思いました。もちろん、価格は廉価コンデジは高級コンデジの数分の一ですから利益的にはどちらが多いのかはわかりませんが、台数的にはまだまだ廉価コンデジのほうが売れているっぽいですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00121683-bcn-sci



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。