フルミラーレス販売ランキング ソニー圧勝 EOS RP、Nikon Zが続く

フルミラーレス販売ランキング ソニー圧勝 EOS RP、Nikon Zが続く

 フルサイズミラーレスは何が売れているのでしょうか?

 
1位 α7 III ズームレンズキット ILCE-7M3K(ソニー)
2位 EOS R ボディ EOSR(キヤノン)
3位 α7 III ボディ ILCE-7M3(ソニー)
4位 EOS RP RF35 MACRO IS STM レンズキット ブラック EOSRP-35MISSTMLK(キヤノン)
5位 Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット Z6LK24-70FTZKIT(ニコン)
6位 α7 II ズームレンズキット ILCE-7M2K(ソニー)
7位 EOS RP ボディー ブラック EOSRP(キヤノン)
8位 α7R III ボディ ILCE-7RM3(ソニー)
9位 EOS RP マウントアダプターキット ブラック EOSRP-BODYMADK(キヤノン)
10位 α7 III ボディ ILCE-7M3(JE)(ソニー)
 
(記事を一部引用しています)

 フルサイズミラーレスの販売ランキングが公開されています。期間は5月20日~26日です。ランキングにはソニーのα7が5ランクを占め、圧倒的に売れているだろうことがわかりますね。機能的に優位な点があるところと、レンズのラインナップが充実しているところが売れているポイントだと思います。機能的にはNikon Z7/Z6も十分にα7 IIIと近いと思いますが、一部機能で遅れている部分やレンズのラインナップなどで後塵を拝しているようですね。

 キヤノンについては、恐らくですがEOS RよりEOS RPのほうが売れているのではないかと想像しています。それは以下のような理由からです。

<<下に記事が続きます>>


 EOS Rはレンズキットやアダプタキットがないので、EOS Rを購入する人はすべての人がEOS Rボディを購入することになります。なので、すべての販売台数がEOS Rに集約されます。EOS R以外ではレンズキットなどがあり販売台数が分散されるため、見かけ上、EOS Rが上位にランキングされ目立ちやすいという特性があるように思えますね。

 ですが、EOS RPは3キットがランクインしています。これを全部合算するとたぶん2位のEOS Rボディを超えるか、少なくともその付近までランクが上昇するのではないのかな?と思いますね。

 そして、EOS RPについては、マウントアダプタキットが9位となっています。その他のキットレンズにはマウントアダプタが付属していないので、既存のキヤノンユーザではなく新規ユーザがかなり多いのではないか?と想像できますね。そりに引き換えNikon Z6はマウントアダプタキットが5位ですので、こちらは既存のニコンユーザの購入者が多いのではないかなと思います。

 新しいユーザをどれだけ取り込むかが重要になると思いますので、今後は廉価な商品などの投入も検討しなくてはいけないのでしょうね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.bcnretail.com/research/detail/20190531_121714.html



販売・価格情報カテゴリの最新記事