ニコン フルミラーレス用大口径中望遠 85mm f/1.8 S発表

NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
2019年9月5日発売予定
予約販売受付は、8月2日10時より開始します。

美しいボケ味とシャープな解像感で自然な立体感を生み出す大口径中望遠単焦点レンズ

ボケの美しさにこだわり抜き、ピント面から滑らかなグラデーションを描く柔らかい自然なボケ味を実現しています。玉ボケも画像周辺部まで綺麗な形状を保ち、幻想的な雰囲気を表現できます。また、マルチフォーカス方式を採用し、近距離を含むすべての撮影距離で収差を抑えた高い結像性能を発揮。開放絞りでの美しい背景ボケとピント面の優れた解像感とのコントラストが自然な立体感を生み出し、ポートレートはもちろん、スナップや静物など幅広い撮影シーンで主要被写体を印象的に際立てます。

ポートレート用レンズ発表

ニコンがフルサイズミラーレス用レンズ 85mm f/1.8 Sを発表しました。予約受付は8月2日からで、発売日は9月5日ということだそうです。このレンズはポートレート用のレンズとして発売され、さらにSラインのレンズということで、かなりの高性能なレンズになりそうな感じがしますね。

Zシリーズを利用している人の話を聞くと、DxOMarkのベンチマーク結果は必ずしも高くはないが、すべてのレンズで開放から利用できていいレンズだという意見が多いようです。このレンズのそのようなレンズの1本になるかもしれません。

<<下に記事が続きます>>


ボケの美しさにこだわる

中望遠は望遠レンズに位置するレンズのためボケが多くなります。また画角が人が注視したときの画角に近いとされているため、何かを切り抜いたような撮影が得意とされています。また広角特有な歪みも中望遠になると無くなるため、より自然な歪みで撮影できるということと、中望遠なのでカメラと被写体の距離を適度に保つことができるわけですね。

そのため人物撮影のポートレートや、静物を撮影することにむいているレンズと言われていて、様々なレンズの中では定番中の定番となるレンズと言えると思います。

というわけでこのレンズを楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?どのような描写のレンズなのかレビューが待ち遠しいですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_85mm_f18_s/