Nikon Zが2、8、9位ランクイン フルミラーレスランキング 1位はもちろん…

Nikon Zが2、8、9位ランクイン フルミラーレスランキング 1位はもちろん…

「BCNランキング」2019年7月22日から28日の日次集計データによると、フルサイズミラーレスの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 α7 III ボディ ILCE-7M3(ソニー)
2位 Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット Z6LK24-70FTZKIT(ニコン)
3位 α7 III ズームレンズキット ILCE-7M3K(ソニー)
4位 α7R III ボディ ILCE-7RM3(ソニー)
5位 EOS R ボディ EOSR(キヤノン)
6位 α7 II ズームレンズキット ILCE-7M2K(ソニー)
7位 α7R IV ボディ ILCE-7RM4(ソニー)
8位 Z 6 24-70 レンズキット Z6LK24-70(ニコン)
9位 Z 7 24-70+FTZマウントアダプターキット Z7LK24-70FTZKIT(ニコン)
10位 α7R II ボディ ILCE-7RM2(ソニー)

(記事を一部引用しています)

1位はやっぱりあの機種

BCNによるフルサイズミラーレスの販売ランキングが公開されています。BCNランキングは一週ごとに公開されており、今回は22日から28日までのランキングとなっているようですね。ニコンは3位、8位、9位にそれぞれランクインしておりZシリーズも比較的好調に売れているように見えますね。

そんな中でやっぱり売れている機種はソニーが強いですね。10位中6位をソニーのαシリーズが占めています。まあ旧機種で安くなっているα7 II系の機種もランクインしているわけですが、これは先にフルサイズミラーレス市場に参入したソニーの特権と言えると思います。

ですが、価格的には現在の最安値でα7 IIIボディが19万円前後なのに対しZ6ボディは22万円前後とかなり近くなってきています。性能的に近いものがありますので、このぐらい価格が近くなると悩む人も増えてくるものと思いますね。

なぜこのようにZシリーズがランクインするようになったのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


3万円4万円の割引は大きい

それはやはり29日で終わってしまいましたが、最大3万円4万円のキャッシュバックキャンペーンがあったことが大きいと思われます。Z6の標準ズームレンズキットは最安値が27万円前後ですが、3万円のキャッシュバックキャンペーンを利用すると24万円前後という価格になります。α7 IIIのズームレンズキットの最安値は21万円前後ですので、かなり近い価格になるため、お買い得感が強まりますね。

ただ8位にFTZマウントアダプタが入っていないキットが入っているのが心強いと思いました。

<<下に記事が続きます>>


新規ユーザの獲得が大事

既存のニコンの一眼レフユーザにZシリーズを購入してもらうことは大事ですが、それですと一眼レフでのシェア以上を獲得することができません。必要なのは既存の一眼レフユーザにニコンのミラーレスを購入してもらうのと同時に、新規にフルサイズミラーレスを購入する人にニコン製品を選択してもらうことが重要です。

そういう意味ではFTZマウントアダプタが入っていない標準ズームレンズキットが8位に入っているのは、既存の一眼レフユーザの買換えだけでなく新規ユーザも獲得していると考えることができるので、一定の評価ができそうです。

ただ、それでも全般的にソニー製品のほうが売れていますので、今後も力のある新製品をリリースするなどして頑張って行く必要がありますね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00130459-bcn-sci

販売・価格情報カテゴリの最新記事