ニコン フルサイズミラーレス用24mm f/1.8 Sレンズを海外発表

ニコンは今日、f/1.8 S-Line高級ミラーレスレンズであるNIKKOR Z 24mm f/1.8Sで、レンズのラインナップを拡大させる。卓越した光学性能、素晴らしい接写性能、そして広範囲な防塵防滴により、このフルサイズミラーレスレンズは本当の汎用性を提供する。広い風景や街並みと同様に、狭い空間でも優れているため、この最も直近に追加された我々のS-Lineレンズは、様々な状況でも優れた描写性能を得られる。

高速なAFの24mmレンズは、f/1.8の開放絞りで撮影する場合でも、端から端まで優れた解像度をもたらす。ボケのスムーズさはとても美しく自然で、わずか0.25mの最小撮影距離により、ユーザは接写から無限遠までとてもよくボケをコントロールすることができる。そして、広角レンズによくあるフレアは逆光でもよく対処されている。

超広角レンズを海外発表

ニコンがフルサイズミラーレス用NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sを海外発表しました。なんで海外発表だけになったんでしょうかね?D6の発表と同じだと埋没してしまうからでしょうか?それとも国内へのレンズ投入は後からになる可能性が高いからなのでしょうか?

ともかく24mmの発売で広角側の単焦点はかなりそろってきましたね。

<<下に記事が続きます>>


広角レンズ充実の理由

現在発売/発表されている単焦点レンズは、24mm f/1.8、35mm f/1.8、50mm f/1.8、85mm f/1.8の4本です。このあたりの単焦点は、あとは中望遠のマクロ、105mm f/1.8ぐらいの中望遠があれば、ほぼラインナップが揃ったような感じになります。

広角レンズが充実してきているのはミラーレスはフランジバックが短いので広角レンズを作りやすいということと、開発している人もいままでのマウントでは設計が難しかったので、より優れた広角レンズを作りたいという開発者としての欲求みたいなものもあったかもしれませんね。

望遠レンズはバックフォーカスがもともと長いので、実はZマウントにネイティブなレンズにしなくてもFマウント用望遠単焦点のレンズをそのまま持ち込んでも十分に対応できてしまうのではないのかな?と思ってしまいます。

というわけでZマウントのレンズもだんだん揃ってきているのは頼もしいですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.nikon.co.uk/en_GB/news-press/press.tag/news/bv-pr-wwa1909-nikon-introduces-nikkor-z-24mm-f-1-8s-wide-angle-lens.dcr