いま交換レンズは何が売れている? ソニー絶好調も自社レンズ少なく ニコンは4本ランクイン

いま交換レンズは何が売れている? ソニー絶好調も自社レンズ少なく ニコンは4本ランクイン

キヤノンのフルサイズミラーレス一眼用レンズが、販売ランキングのトップに立った。29日に発売された高倍率ズームRF24-240mmが販売日数実質3日で首位を奪取。高倍率ならではの使い勝手の良さはもちろんだが、現在市販されているRFマウント用レンズとしても最も望遠寄りのレンズなだけに、需要が高いのはうなずける。もちろん現在展開されている「キヤノンEOS Rパワーアップキャンペーン」の対象レンズとなっていることも大きな理由に違いない。

3位、4位、5位とソニーEマウント用レンズが続き、6位にキヤノンのレフ機用ズームがランクイン。7位と8位はニコンのミラーレス用ズームだが、こちらは例のキャッシュバックキャンペーンの対象外。9位と10位のレフ機用はキャンペーン対象レンズとなっている。

データ集計期間 2019年8月16日~2019年8月31日

第1位 キヤノン RF24-240mm F4-6.3 IS USM
第2位 パナソニック LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.
第3位 タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD(ソニーEマウント)
第4位 ソニー FE 24-105mm F4 G OSS
第5位 シグマ 14-24mm F2.8 DGDN (Art) SE(ソニーEマウント)
第6位 キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM
第7位 ニコン NIKKOR Z14-30mm F4/S
第8位 ニコン NIKKOR Z 24-70mm F/2.8 S
第9位 ニコン AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
第10位 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

(記事を一部引用しています)

レンズも好調なソニー

ヨドバシカメラが8月後半のレンズ販売ランキングを発表しています。1位はキヤノンでフルサイズミラーレス用の高倍率ズームです。24mm~240mmということで、これ1本でほぼすべてがまかなえるという旅行などに便利なお手軽ズームですね。フルサイズはレンズも重いので、これ1本でいろいろまかないたいという人が多いのかもしれません。

3位~5位はソニーのEマウント用で、いずれもフルサイズセンサーに対応したレンズです。こちらは大口径の標準ズーム、大口径の広角ズーム、望遠端が少し長めの普段使いに便利な標準ズームという感じになっています。タムロンレンズはシグマはf/2.8通しですし、価格もこなれているようなので安く大三元レンズを揃えたい人にはいいかもしれませんね。性能もいいようですし。

<<下に記事が続きます>>


ニコンは4本のレンズがランクイン

さて、それではニコンレンズはどのようになっているのかというと、7位~10位で4本のレンズがランクインしています。ランキングの順位としては物足りない感じですが、本数ではもっともランクインしている数が多いメーカとなっており、そういう意味では安心できますね。

肝心な中身ですが、フルサイズミラーレス用の14-30mm f/4 Sと24-70mm f/2.8 Sと、フルサイズ一眼レフ用の200-500mm f/5.6と24-70mm f/2.8です。どちらも押しも押されもせぬド定番の大口径標準ズームがランクインしています。24-70mm f/2.8がそれですね。一般的な撮影ではこのレンズがあれば多くの場合で間に合ってしまうし、大口径なので明るくボケもでやすいということで、人気のあるレンズですし、価格が高額なので憧れでもあるレンズですね。

もう一方のレンズは分かれていて、f/4通しで小型軽量な14-30mmという超広角ズームです。広角レンズはうまく利用すれば迫力があったり、人間の目では見ることが出来ないような写真になりますので、こちらも人気のあるレンズですね。そしてもう一つは一眼レフ用の200-500mm f/5.6 Eです。こちらは単焦点超望遠レンズより暗いレンズではありますが、1本所有していると複数の単焦点望遠レンズを所有しているのと同じことになりますし、価格も安いことから売れ筋のレンズとなっています。

いずれにせよ、基本的には定番なレンズが多い印象ですが、それでもソニーのフルサイズ用レンズが上位に食い込んでいるというのは、それだけソニーのシェアが高いことを意味していますので、ニコンやキヤノンにとってはかなり脅威ですね。どちらも機能を充実させて高性能で安価なカメラと、より幅広いレンズラインナップを揃えることが重要になっていきそうです。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://capa.getnavi.jp/news/311374/

販売・価格情報カテゴリの最新記事