ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct の受注を一時停止 予想以上の注文で

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct の受注を一時停止 予想以上の注文で

大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」受注一時休止のお詫び

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」は、10月12日に受注を開始致しましたが、予想を超える多くのご注文を頂いた為、当該製品のお届けまでに相当の時間が掛かる見込みから、受注を一時休止とさせて頂くことといたしました。ご購入をご検討頂いているお客様には、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
現在、受注の再開に向けて対応を進めておりますが、当該製品は高い製造技術を要することから生産数が限られており、受注再開までに時間を要する可能性がございます。
受注再開時期が決まりましたら、改めてご案内申し上げます。

一日も早くお届けできるよう最大限の努力をしてまいります。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Noctの受注が好調

ニコンがNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctの受注を一時停止しました。これは海外でも同様のようです。Noctの受注は思いのほか好調で、納入までかなりの時間がかかるということで受注を一時停止するということのようですね。

Noctの販売に関してですが、ニコンは初めから受注生産方式で販売するとしています。受注を受けて初めて生産しますよという方式なので、一般的な小売り店に製品としてNoctが在庫されないことを意味しますね。つまりニコンから購入者への手渡しのような形になるわけです。なのでニコンはすべての受注状況を把握していて、それで生産がおいつかないので受注を一時停止するということになるわけですね。

<<下に記事が続きます>>


納期にどれぐらい時間がかかるのか?

ネット界隈の情報では、発売から3日目にはすでに国内での納期1ヶ月になっているとのことです。Noctは10月12日に受注を開始したので、10月15日には納期1ヶ月待ちになっているということのようですね。そして、今日は30日ということで、それからさらに15日が経過しています。単純に毎日おなじ本数だけ売れていると考えると、最大で7ヶ月待ちという可能性があるということになるわけですね。ですが、予約の受付は予約受付開始日の10月12日に集中するでしょうから、だいたい3ヶ月からそれ以上ぐらい待たなければならないという状況になっているということが想像されるのではないのかな?と思います。

このように好調だからといって、めちゃくちゃNoctが売れているのかというと本数的にはそれほどでもないのかな?とも思いますね。レンズを手作りで研磨していたりもするでしょうから、少なければ1日で数本ほどしか生産できないという状況も十分に考えることができます。

なので売上的には微妙なのかもしれませんが、ニコンの新しいZシリーズのアイコンとしての役目を果たしてZマウントの発展につながるのであれば、十分に象徴的な役割を果たすレンズになる可能性がありそうですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://www.nikon-image.com/products/info/2019/1031.html

販売・価格情報カテゴリの最新記事