フルミラーレス売れ筋ランキングに異変 シグマ fpが2位 Nikon Zは圏外に

フルミラーレス売れ筋ランキングに異変 シグマ fpが2位 Nikon Zは圏外に

デジタル一眼カメラ週間売れ筋ランキング集計期間:2019年10月21日~10月27日

1位 総合18位(前週45位) ソニーα7 III ボディ
2位 総合20位(前週128位)シグマfp 45mm F2.8 DG DN Contemporary キット
3位 総合22位(前週13位)ソニーα7 III ズームレンズキット
4位 総合29位(前週32位)キヤノンEOS R ボディ
5位 総合38位(前週58位)ソニーα7 II ズームレンズキット

(記事を一部引用しています)

SIGMA fpがフルサイズミラーレスで売れ筋2位にランクイン

BCNランキングがデジタル一眼カメラのランキングを公開しています。このランキングはデジタル一眼カメラのランキングで、一眼レフ、ミラーレスを含めたレンズ交換式の売れ筋ランキングのTOP50が発表されたものです。その中からフルサイズミラーレスの製品だけを抽出してみました。

TOP50の中にランクインしているフルサイズミラーレスは5機種です。いまフルサイズミラーレスは人気とはいえ、やはり価格が高いのでTOP50の中でも5機種しかランクインしていないのですね。5位以下はTOP50に含まれていないので抽出することができませんでした。

さてランキングですが、相変わらずソニー製品が3機種ランクインしており売れているなという印象ですね。そしてEOS Rもフルサイズミラーレスで4位、総合でも29位にランクインしていて堅調です。

その中で驚くのはシグマfpが2位にランクインしていることです。シグマfpはライカのLマウントを採用したフルサイズミラーレスで、ソニーもびっくりの小型軽量を実現したフルサイズミラーレスとして注目を集めているカメラです。センサーはFOVEONではなくベイヤー配列の裏面照射型CMOSセンサーで、画素数は2460万画素とオーソドックスな仕様ですが、現時点で世界最小、最軽量のフルサイズミラーレスということで、その尖った仕様が受けているかもしれません。

シグマfpは極めてシンプルな製品で、EVFもなければ可動式の液晶もありません。シャッターはメカシャッターでなく電子シャッターだけですし、ダイヤルやボタン類も省かれているので操作性もさほどよくありません。フラッシュはもちろんなく、ホットシューもありませんが外付けのアクセサリーを経由して利用することができます。

というわけで、かなり様々な機能などが省かれているわけですが、そのおかげでとっても小さく、軽量なフルサイズミラーレスとなっています。これって、本来ならソニーあたりが真っ先に作りそうな製品だと思ったのですが、シグマがこのような製品を作ったということで、かなり挑戦的な試みだと思われますね。より小さなカメラを好む人に選ばれそうです。

<<下に記事が続きます>>


Nikon Zは残念ながらランクインせず

さて肝心のNikon Zですが、今回は残念ながらTOP50にランクインすることはできませんでした。それはNikon Zのキャッシュバックキャンペーンが、ちょうど10月7日で終了していたため、その反動でランキングが下がったということもかんがえられそうですが、ソニーが旧機種を含め3機種がランクインしているのにTOP50に入れなかったというのは、少し残念に思えますね。

EOS Rボディはランクインしていますが、EOS Rはレンズキットが設定されておらず、本体とレンズを別々に購入する必要があるので、見かけ上、EOS Rのボディが上位にランクインしやすい状況になっています。Nikon Zはレンズキットやマウントアダプタキットなど様々なキットがあるのでランキング上、それぞれに分散してしまうためランキングの上位には入りにくい構成にはなっているのですが、TOP50にも入るキットがないというのは少々残念なところですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.bcnretail.com/research/ranking/list/contents_type=41

販売・価格情報カテゴリの最新記事