安原製作所 Nikon Zなどフルミラーレス用35mm f/1.8発売

安原製作所 Nikon Zなどフルミラーレス用35mm f/1.8発売

安原製作所は、ミラーレスカメラ用単焦点レンズ「ANTHY35」(アンシー35)を11月に発売する。希望小売価格は税別3万2,000円。

【この記事に関する別の画像を見る】

35mmフルサイズに対応した焦点距離35mm、開放F値F1.8のMFレンズ。キヤノンRFマウント、ソニーEマウント、ニコンZマウント用をラインナップしており、ミラーレスカメラに最適化した光学設計を行ったとしている。ほぼゼロという歪曲収差や美しいボケ味、またMFレンズならではの滑らかなフォーカスリング操作などを特徴とする。

いずれもフォーカスリングの他にクリックストップつきの絞りリングを備える。

レンズ構成は7群9枚。絞り羽根は9枚。フィルター径は52mm。

全長は60.5mm、重量は約409g(ソニー用)。

フードは組み込み式で、引き出して使用する。電子接点は非搭載。

(記事を一部引用しています)

各社ミラーレス用の大口径広角単焦点レンズ発売

安原製作所はフルサイズミラーレスカメラ用単焦点レンズANTHY35を11月に発売するようです。対応するマウントはRFマウント、Eマウント、Zマウント用ということで、キヤノン、ソニー、ニコンのフルサイズミラーレスに対応したレンズということのようですね。しかも、すごいのは歪曲収差はほぼゼロということで、すぐれた性能が期待できそうです。価格も安く3万2000円ということですが、AFや手振れ補正はないマニュアルフォーカスの単焦点レンズであるようです。

しかも電子接点はないということで、完全にマニュアルフォーカスレンズです。開発意図はどのようなものなのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


スーパーカーでなく実用的な高級車を目指す

安原製作所では原点に回帰し特別なレンズで本格的な撮影をすることを目指してレンズを開発しているようですね。つまり左手でフォーカスリングと絞りをコントロールする撮影スタイルへの原点回帰ということなのだそうです。

そうなるとどういう撮影になるかというと、カメラ側ではISO固定(もちろんいつでも変更できますが)でセレクトダイヤルはシャッター速度を変更できるように設定しておき、レンズ側でフォーカスと絞りを、カメラ側でダイヤル操作でシャッター速度を変更して完全マニュアルで撮影しようということになると思います。

この絞りとシャッター速度の兼ね合いですが、慣れれば自然と設定できるようになりますが、プログラムAE(絞り値とシャッター速度をISO値にあわせて自動で設定してくれる機能)に慣れた人には最初は非常に難しいかもしれません。ただ、思った通りに撮影できるようになると、撮影そのものが楽しくなるという側面も増えてくるのかな?とは思います。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000056-impress-ind

販売・価格情報カテゴリの最新記事