BCNデジタル一眼売れ筋ランキング Nikon Z 50が急落!! その理由は??

BCNがデジタル一眼販売ランキングを更新しています。

デジタル一眼カメラ週間売れ筋ランキング集計期間:2019年12月30日~01月05日
ランキングはこちら!
(ランキングはリアルタイムで更新されるため、記事執筆時点のものと異なる場合があります)

Nikon Z 50が急激ランクダウン

ここまで上位をキープしていたNikon Z 50ダブルレンズキットですが、残念ながらここにきて大幅にランクダウンし、ミラーレスカメラで9位となっています。前回は4位でしたので、かなりのランクダウンということになってしまいましたね。

上位は相変わらずソニーとキヤノンが強く、ミラーレス1位はα6400ダブルズームレンズキット、ミラーレス2位がEOS Kiss Mダブルズームキットホワイト、ミラーレス5位にもEOS Kiss Mダブルズームキットブラックがランクインしています。

面白いのは、ここにきてPEN E-PL9 EZダブルズームレンズキットがカラバリ違いでミラーレス3位と4位にランクインしています。かなり珍しいですね。

ミラーレストップ10内ではソニー3機種、オリンパス4機種、キヤノン2機種、ニコン1機種となっています。オリンパスが結構売れていますね。

<<下に記事が続きます>>


ランク急落の原因は在庫不足?

Nikon Z 50のダブルレンズキットですが、価格.comをみると相変わらず在庫不足となっているようです。標準ズームレンズキットでは39ショップも販売しているのですが、ダブルレンズキットとなると一気に販売ショップが減って29ショップになります。さらに、その29ショップ中14ショップが在庫取り寄せになっていて、実質在庫のあるショップは約半分の15ショップだけという具合です。

需給関係の判断は難しいのですが、需要が少なくても、それよりさらに供給が少なければ品薄状態になる可能性はあります。ですが、私の個人的な感触ですが、想定以上の需要があるため在庫不足になっている可能性が高いように思えますね。その理由の一つとして価格.comの売れ筋ランキングでは未だに1位を獲得していますし、Amazon.co.jpのミラーレス売れ筋ランキングでも6位にランクインしています。

なので初期需要が一巡したため売れなくなったというより、絶対数としてはまだまだ売れていると考えられるため、恐らく需要に対して供給が追いついていない状況がかなり続いていて、それがランキングにも反映されてしまっているのではないのかな?というように思っています。

あまり在庫不足になると今度は逆に機会損失が心配になってしまいますね。