デジカメ年末商戦 最も売れたのはNikon Z 50 ヨドバシ売れ筋ベストテン

CAPAがヨドバシカメラ売れ筋ベストテンを発表しています。

データ集計期間 2019年12月16日~12月31日

第1位 ニコン Z 50ダブルズームキット ボディ+NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR+NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
第2位 ソニー α7 IIIボディ
第3位 ソニー α7 IIIレンズキット ボディ+FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
第4位 ソニー α6400ダブルズームレンズキット ボディ+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS+E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(カラーバリエーション含む)
第5位 富士フイルム X-Pro3ボディ (カラーバリエーション含む)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00010000-capa-ind

[itemlink post_id=”4154″]

ヨドバシカメラ売れ筋ベストテンが公開

CAPAがヨドバシカメラ売れ筋ベストテンを公開しています。集計期間は12月の下半期になっていて、まさに年末商戦でどれが一番売れたのか?というランキングになっていますね。

ランキングは10位まで公開されています。そのうちソニーが5機種がランクインしています。うちフルサイズミラーレスが4機種、APS-Cミラーレスのα6400が1機種です。絶好調ですね。ニコンは3機種がランクインしていて、Z 50のダブルズームキットが1位ですが、7位にNikon Z 6が、9位にもNikon Z 50標準ズームキットがランクインしています。残りの2機種はキヤノンと富士フイルムが1機種ずつですので、ニコンは案外健闘していることがわかりますね。

ヨドバシの特殊性を考慮する必要

ランキングだけみるとニコンはそこそこ売れていて、シェアNo1のキヤノンはあまり売れていないなという印象を持つかもしれませんが、これはヨドバシカメラのランキングであるという特殊性が影響していると思われますね。ヨドバシカメラは店名をみればわかる通り、もともとカメラ販売を生業としているショップで、カメラ専門館などもあります。

なので伝統的にカメラを趣味としている人、プロフェッショナルやハイアマチュアの方々が購入するようなショップでもあるので、どうしても玄人向けのカメラが売れる傾向があり、ランキングにもそれが反映されます。販売台数だけを考えれば、EOS Kiss Mなどが上位にランクインするはずだと思いますが、そうでないことがヨドバシカメラのランキングの特殊性を表していると言えそうですよね。

というわけで、これを踏まえるとソニーはそのようなカメラを趣味とする人にも売れていて、ニコンやキヤノンから移行している人も多いのかな?という印象になりますよね。そしてニコンは玄人さんや、既存のニコンユーザがミラーレスに移行したり、サブカメラとしてNikon Z 50を購入しているのかな?という感じもします。

一般的なシェアはBCNランキングなどの一般家電量販店を対象にしたランキングをみたほうがいいと思いますが、それでもカメラ専門店とも言えるヨドバシカメラでNikon Z 50が1位に輝いたことは決して悪くない結果だと思いますね。

[itemlink post_id=”4154″]