ヨドバシ交換レンズランキング 1位はニコン!! ソニー6本、ニコンも4本と好調

データ集計期間 2020年2月1日~2020年2月15日

第1位 ニコン AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
第2位 シグマ 24-70mm F2.8 DG DN(Art)SE(ソニーEマウント)
第3位 タムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2(ソニーEマウント)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010000-capa-ind

[itemlink post_id=”4673″]

ソニーレンズ好調、ニコンも続く

CAPACameraWebがヨドバシカメラの交換レンズ売れ筋ランキングを公開しています。全部のランキングは記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、なんとニコンのAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRが1位を獲得したようです。500mmの超望遠レンズが1位になっているのは凄いですね。価格も50万円ほどする高価なレンズです。このレンズは位相フレネルレンズを利用し、超望遠レンズにも関わらず小型軽量化していることが特徴です。500mmともなると超巨大なレンズになるものですが、小型軽量化したことが人気の理由だと思われますね。

ニコン製品では、1位にAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRが、5位にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、6位にNIKKOR Z 14-30mm F/4 S、8位にNIKKOR Z 24-70mm F/2.8 Sがランクインしていて、かなり健闘しているといえうです。内訳はフルサイズ一眼レフ2本、フルサイズミラーレス2本ということで、ミラーレス用も結構売れていますね。

メーカ別の内訳ではソニー用6本と絶好調で、ニコンも4本がランクインしていて比較的好調といえそうです。キヤノンは残念ながら1本もランクインしませんでした。最近はキヤノンの状況が思わしくない感じになっています。

ソニー用レンズが6本ランクインもソニーにとっては懸念か?

そして、今では当たり前のようにソニーレンズもかなり売れているようです。ですが、上位はソニー製品ではなくシグマ、タムロンといったサードパーティー製レンズのほうが売れているようです。純正のソニーレンズより、シグマやタムロンのほうが、はるかに安い価格で販売されており、性能も補正前提かもしれませんが、それなりに素晴らしい性能のレンズを販売していますので、売れるのは当然といえば当然だと思われますね。ソニー純正のレンズも売れていますが、下位に沈んでおり、同じような売れ筋レンズをサードパーティーメーカが発売したら、ソニー製レンズはあまり売れないような状況になるかもしれません。

ソニーはEマウントの仕様を公開して、他社のレンズメーカに参入してもらうことでラインナップも拡充を目指してきました。そしてミラーレスへ早く進出したことで、より幅広いレンズラインナップや高性能なカメラを市場に投入することに成功しています。その結果、いまでは本体でもレンズでもニコンやキヤノンより売れるメーカとなりました。

しかしトップシェアを得ようとしているなかで、マウントの仕様を公開し他社の参入を容易にしてしまったことが逆に自分自身の首を絞める結果にもなるかもしれません。というのも、上記のように現在ではサードパーティーメーカがレンズを生産していて、しかもそれがランキング上位に入るほど売れているということで、ソニー純正レンズの販売実績に影響を与えている可能性が高いからです。

レンズというのは利益率も高いといわれていてメーカにとっては重要な収入源になるわけですが、それを失うのは非常に大きな問題となる可能性があります。その点、ニコンやキヤノンはすべて自社製のレンズとして販売できますし、サードパーティーメーカは互換性という問題を常に抱える可能性があるので、ニコンやキヤノンに有利になると思われます。

シェアが小さかった状況で、巻き返しのためにマウント仕様を公開したことについて、当時はメリットがあったかもしれませんが、トップシェアを得つつある現在では、少しずつ足かせになりつつあるのかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”4673″]