Nikon Z 50 標準ズームキットが1日で約1万円値上がり 理由は??買い時は??

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://kakaku.com/item/K0001201316/

Nikon Z 50 16-50 VR レンズキットの価格が急騰

価格.comでNikon Z 50 16-50 VR レンズキットの価格動向が報告されています。

価格調査によれば、Nikon Z 50 16-50 VR レンズキットの最安値は11万9800円となっています。昨日の最安値は11万円ちょうどでしたので、本日の1日で9800円も値上がりした計算になります。ここ最近の1週間では1万1502円ほど上昇しており、まさに急騰しているといってもいい状況になっています。

グラフを見ればわかる通り、最安値は1万円ほど価格が上昇していることがわかりますね。さらに平均価格も全体的に上昇している傾向が見て取れます。

Nikon Z 50 16-50 VR レンズキットは在庫不足の局面へ

そこで価格.comで販売店とその価格を調査してみたところ、以下のような状況になっていることがわかりました。

まず一つは全体的に販売店舗が減っており、在庫切れとなっているショップが多くなってきています。価格.comに出店しているショップで有名どころとしては、ノジマ、カメラのキタムラ、チャンプカメラ、ヤマダ電機などで在庫切れになっています。またカメラを販売しているショップ全体も37社しかなく減少傾向です。このことから、市中在庫がかなり減少傾向であることがわかると思います。そのため、平均価格もじわじわと上昇しているということが言えると思います。

その次に激安系のショップが減少してきています。通常、価格.comの最安値は、最安値を競うショップ同士が1円単位で最安値を競うことで決まっていきます。数分単位で1円ごと値下がりしていくため、1日では数百円ほど値下がりすることもあります。なぜこうしているのか?というとユーザは、やはり1円でも安いショップから購入したいからですね。最安値を設定して安さで1位になっているショップはやはり目に付きますので販売が期待できるわけです。そのため、最安値1位を狙う激安系のショップ同士が価格を競うことで値下がりしていきます。

ですが、ここのところの在庫数の減少で激安系ショップが販売を取りやめるようになったようです。そのため、最安値をつけているショップからどんどん売り切れていき、結果的に上記のように1万円ほど値上がりするような状況になったと考えることができますね。

在庫切れになっている理由ですが、Nikon Z 50はタイで生産されていますので、恐らく一定のロット数まで在庫数を貯めておき、一定数になってからコンテナで日本へ輸出しているようなことをしていることが原因ではないのかな?と想像しています。Nikon 1でも同様のことがあり、定期的に在庫が復活して値下がりしたかと思ったら、数ヶ月後に在庫がなくなって値上がりするというようなことを繰り返しました。恐らくZ 50でも同様のサイクルを繰り返すものと思います。

問題の購入するタイミングですが、次の在庫復活がいつになるかは、残念ながらタイミングがまだつかめていないのでわかりません。在庫復活が来月以降になるとしたら、今後はキャッシュバックキャンペーンが終了する月末に向けて値上がりする一方だと思いますので、すぐにでも購入したほうがいいと思います。

ですが、今月中に在庫が復活することになれば、激安系のショップが復活して値下がり傾向になると思いますので、それから購入するということも考えられると思います。ですが激安系ショップが復活したとしても、いきなり1万円ほど値下がりすることは考えられません。既存の最安値から1円ずつまた最安値を更新するということを繰り返しながら安くなると考えられます。仮に1日に300円ずつ値下がりするとして、月末までの残り10日あまりで値下がりする金額は良くて5000円ほどだと考えられます。

Nikon Z 50 16-50 VR レンズキットの購入を検討している人にとっては、かなり購入のタイミングが厳しい状況になっているのは確かだと思いますね。個人的にはなるべく早めに購入したほうがいいのかな?と思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”4567″]