ヨドバシ 交換レンズ売れ筋ベスト10 ソニー用レンズ9本がランクインの衝撃

ヨドバシ 交換レンズ売れ筋ベスト10 ソニー用レンズ9本がランクインの衝撃

第1位 ソニー 20mm F1.8G
第2位 タムロン28-75mm F2.8 Di III RXD(ソニーEマウント)
第3位 シグマ 16mm F1.4 DC DN コンテンポラリーライン
第4位 ソニー FE 24-105mm F4 G OSS
第5位 ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS
第6位 ニコン NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
第7位 シグマ 24-70mm F2.8 DG DN(Art)SE(ソニーEマウント)
第8位 ソニー FE 24mm F1.4 GM
第9位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM
第10位 ソニー E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00010000-capa-ind

Eマウント圧勝

CAPAがヨドバシカメラの交換レンズ売れ筋ランキングを公開しています。集計期間は3月の上期とのことです。解説を含めた詳細は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば交換レンズの売れ筋ランキングでは、ソニーのEマウント用レンズが上位10位で9レンズが占めることになりEマウント圧勝となっています。凄く売れていますね。かろうじてニコンのZマウント用標準ズームレンズが6位にランクインしているような状態になっています。

メーカ別の内訳はソニー6機種、シグマ2機種、タムロン1機種、ニコン1機種となっています。

<<下に記事が続きます>>


タムロン、シグマも参入で市場激化

毎回、説明していますがヨドバシカメラはプロフェッショナルやハイアマチュアの人が購入する割合が高く、価格の高い製品でも上位に入りやすい傾向があります。そのヨドバシカメラのランキングでソニーのEマウント用のレンズがほとんど上位を占めているということは、プロフェッショナルやハイアマチュアの人が率先してソニーのカメラとレンズも購入していると考えることが想像できますよね。

そうなると、多くの人がニコンやキヤノンからソニーへ移行して、システムを完全に揃え直しているという状況になっているということが考えられそうです。ニコンやキヤノンが早急にレンズのラインナップを充実させようとしているには、当たり前ですが、こういうことが影響していると思われますね。

ですがソニーとして問題なのは、サードパーティー製のレンズが多く発売されようとしていることです。ランキングでもわかりますが、似たような性質のレンズでは、やはり価格の安いサードパーティー製のレンズが上位にランクインしている状況です。本来のランキングですと、カメラメーカが発売するネイティブレンズが上位にくることが多いですが、ソニーの場合は逆転しています。

ソニーはEマウントの仕様を公開していて、他社のレンズメーカへのEマウントレンズへの参入を促していました。それは成功してレンズの売れ筋ではEマウントが上位を席巻していますが、ネイティブレンズの売れ行きは落ちてしまうという状況になってきています。従来ですと互換性の問題があり、サードパーティー製のレンズには不安を感じる人もいたと思いますが、Eマウントについては仕様が公開されているため、そのような心配は皆無な状況です。

さらにタムロンは70-180mm f/2.8というレンズを開発していることが流出した画像からわかっており、いわゆる大三元のレンズをEマウントで完成させようとしています。これにより、様々なレンズが廉価でサードパーティから発売され、ソニーが製造したネイティブレンズの売上げが低迷してしまうというジレンマに悩まされる可能性もありそうですよね。

逆に、ニコンやキヤノンにとってはソニーより性能の高いレンズを、できればより低価格で投入したり、それなりの品質で廉価な製品を投入することで対抗し、レンズの売上げも見込むことによって利益を得たいところですね。ある程度、カメラそのものを低価格にしても、レンズで設けようということがニコンとキヤノンには可能になるわけですが、どのような戦略を計画しているのか興味があるところですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

販売・価格情報カテゴリの最新記事