ミラーレス上位3社は”ソニー,キヤノン,オリンパス” ニコンはその他扱いに

メーカー別の販売台数前年比では、トップシェアのソニーですら71.7%と苦戦している。2位のキヤノンが58.9%、3位のオリンパスが62.8%とそれよりさらに悪い数字が出ている。上位3社から差は開いているものの4番手の富士フイルムは100.1%で前年水準を維持している。週次のシェア推移では、ソニー・オリンパス・キヤノンの競り合いが続いているが、ソニーが年初からの勢いを保ち、やや優位にある。

シリーズ別の販売台数シェアランキングでは、久しぶりにキヤノン「EOS Kiss M」がオリンパス「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III」を逆転。ソニーは「α6400」のほか、高価格帯の「α7 III」がランクインした。上位3社の製品以外では、ニコン「Z 50」や富士フイルム「FUJIFILM X-A5」が健闘している。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/b92909180093a43599f8b639e01cc191e4f7e69a

危機的状況のミラーレス市場

BCNがカメラ市場について報道しています。

記事によれば、8月のミラーレス一眼の販売台数は前年同月比で約30%ほどマイナスになっているそうです。そのため、コロナの影響で、ここ数ヶ月にわたり30%マイナスの状況が続いているとしています。

シェア1位のソニーですら30%ほど減少していて、キヤノンは約40%減少、オリンパスも約37%の減少とかなりの落ち込み幅になっているようです。

これまでミラーレスはAFが遅いですとか、レンズが少ないなどという欠点があったわけですが、それぞれ最新の技術の投入により改善し、特別な状況下でなければミラーレスでもほぼ不満なく撮影できるというぐらいにまで進化しています。スナップ程度ならミラーレスで十分という人も多いだろうと思いますね。

画質の進化も停滞していて、旧機種と比較して大幅に向上している機能というのも少ないため、いちどカメラを購入したら壊れるまで使い続けるという人も増えています。そのため買い換え需要が低下していて、カメラの新機種を発売しても購入してくれる人がいないという状況になっていると思われますね。

ついに「その他」扱いになったニコン

ミラーレスの投入の時期を逃したニコンは、ミラーレス市場でのシェアをなかなか伸ばせずにいます。記事にもありますが、BCNランキングでは1位がソニー、2位がキヤノン、3位がオリンパス、ここからかなり差があって4位に富士フイルム、5位がニコンというような状況になっています。

これまで上位2社といえば、キヤノンとニコン、上位3社といえばキヤノン、ニコン、ソニーというような感じでしたが、ミラーレスの分野では、ソニー、キヤノン、オリンパスが上位3社となり、いまニコンは事実上、その他扱いの状況になってしまっています。

この記事においても、「上位3社の製品以外では、ニコン「Z 50」や富士フイルム「FUJIFILM X-A5」が健闘している」とトップシェアを誇る3社以外のその他扱いの状況です。

会社の存続には利益が必要で、利益率を考えて、シェアが高ければいいというわけではありませんが、ランキングで上位に入らないとブランド的なイメージが損なわれる可能性があるので少し心配ではありますね。ニコンも廉価なミラーレスの投入はあるのでしょうか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog