ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン キヤノン、ソニー、ニコン3強時代に??

第1位 キヤノン EOS R5 ボディ
第2位 キヤノン EOS R6 ボディ
第3位 ソニー α7 III ボディ
第4位 ソニー α7R IV ボディ
第5位 キヤノン EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
第6位 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット
第7位 ソニー α7 III レンズキット
第8位 ニコン Z 50 ダブルズームキット
第9位 ニコン Z 5 24-50 レンズキット
第10位 キヤノン EOS-1D X Mark III ボディ

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://capa.getnavi.jp/news/347235/

ヨドバシ売れ筋ランキング

CAPA CAMERA WEBがヨドバシカメラの売れ筋ベストテンを公開しています。ランキングの考察などを含めた全文は長文ですので、記事元リンクからご覧ください。

ランキングは2020年9月のランキングです。集計期間は2020年9月1日~15日までのランキングです。

今回のランキングではキヤノンが好調で、EOS R5とEOS R6が上位にランクインしています。これまで、EOS RとEOS RPがなかなか上位にランクインすることはありませんでしたので、面目躍如という感じですね。既存のキヤノンユーザはかなり多いですので、しっかりしたフルサイズミラーレスを作ればよく売れることは間違いないというところだと思います。

そして、次にソニー製品が安定して売れていることがわかります。α7とα7Rがランクインしていていますし、APS-Cのα6400もランクインしていて好調ですね。

その後にはニコンが続いています。ニコン初のAPS-CミラーレスのZ 50が8位に、ニコンの廉価フルサイズミラーレスのZ 5も9位にランクインしています。

センサーサイズ別では、フルサイズが8機種、APS-Cが2機種。メーカ別ではソニー4機種、キヤノン4機種、ニコン4機種。機種別ではミラーレスが9機種、一眼レフが1機種という感じです。

キヤノン、ソニー、ニコンが上位を占めるも・・

今回の注目はEOS R5ですね。EOS R5は前回のランキングでは製品の供給数が少なく、前回の売れ筋ベストテンではランキング外にまで落ちていました。そして、今回はランキング1位に復活しています。

ということは、生産を続け小ロットずつでも市場に製品を流しているということではなく、製造を続けて一定数の数量になるまで在庫としてためていて、それからドカッと市場に投入するというようなことをしているようです。

そのため供給したときにはランキングの上位にランクインし、供給をしていないときにはランキング外になってしまうという、乱高下を繰り返しているのだと思いますね。たぶん、製品を輸送するのに最もコストのかからない数まで貯まってから在庫を吐き出すというようなことをしているから、このようなことになっているのだと思います。が、もし、このようにランキングに定期的に顔をだすためにわざとさっていたら、かなりの策士と言えそうです。

そして記事元のタイトルでは「EOS R5が首位返り咲き! いよいよキヤノン、ソニー、ニコンの3強時代に突入か」となっていますが、これについてはヨドバシランキングにおいてという注釈が必要だと思いますね。

BCNランキングなど他のランキングではニコンは3強と言えるような状況ではありません。他とかに、ヨドバシなどのようなカメラ専門館があるようなショップや、マップカメラ、フジヤカメラなどのカメラ専業のショップでは同様の傾向があると思います。しかし全国的なランキングでは、ミラーレスの販売においてニコンは上位に入っているとはまだまだ言えない状況かな?と思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog