ヨドバシ レンズ売れ筋ランキング ソニー用独占の状況崩れる

第1位 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
第2位 ニコン NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
第3位 タムロン 28-200mm F2.8-5.6 Di III RXD (ソニーEマウント)
第4位 シグマ 85mm F1.4 DG DN | Art (ソニーEマウント)
第5位 キヤノン RF24-105mm F4L IS USM
第6位 キヤノン RF70-200mm F2.8 L IS USM
第7位 ニコン NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR
第8位 タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD (ソニーEマウント)
第9位 キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM
第10位 タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD (ソニーEマウント)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/61459e3d8b7943888f0ec46da22541005a9d33f5

望遠レンズが売れまくり

CAPA CAMERA WEBがヨドバシカメラの売れ筋交換レンズベストテンを公開しています。

記事によれば、2020年9月1日~15日までの交換レンズランキングは上記のようになっているようです。見た感じですと、各社ともそれぞれ均等にランクインしているようですが、中身をみるとソニーのEマウント用のレンズが多いという印象ですね。

ですが、それでもニコンやキヤノンのレンズもランクインしていて、ニコンやキヤノンのレンズも売れてきているなという印象です。

ちなみにまとめると、センサー別ではフルサイズ9本、マイクロフォーサーズが1本、メーカ別では、キヤノン3本、タムロン3本、ニコン2本、シグマ1本、オリンパス1本となっています。マウント別では、Eマウント用4本、RFマウント用3本、Zマウント用2本、マイクロフォーサーズ1本という具合です。

焦点距離の内訳をみると、明るい標準ズーム、明るい望遠ズーム、高倍率の便利ズームでほとんどのランキングが占められていることがわかります。

ソニー製レンズはランクインせず

これまでは、ほぼソニー用レンズの独壇場という感じでしたが、最近はキヤノンやニコンのレンズの拡充が進んでいるからか、キヤノン用やニコン用のレンズが多くランクインしてきているのが特徴的だな?という印象です。

そして、ソニーのEマウント用レンズは、シグマやタムロンに食われてしまい、ソニー純正のレンズは1本もランクインしていないということになってしまっています。レンズでの儲けにも期待したいところですが、ソニーはEマウントの仕様を公開してしまっているため、タムロン、シグマは事実上、ソニー製レンズと同等の純正レンズが作れてしまうので、その点がいまとなっては悔やまれる状態になっている可能性もありそうです。

逆に、シグマ、タムロンからすると、売れ筋のレンズを廉価で投入すると、現在はソニーカメラのシェアが高くなっていますので、出せば売れるという理想的な状況になっているかもしれません。Eマウント用に開発したレンズを、シグマはそのままLマウント用レンズとしても発売でき、しかもシグマはLマウントアライアンスに参加していますので、Lマウント用ネイティブレンズの発売メーカとしての立場もあるので、かなりおいしい状況です。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog