ミラーレス売れ筋ランキング オリンパス絶好調!!

1位 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット シルバー(オリンパス)
2位 EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイト EOSKISSMWH-WZK(キヤノン)
3位 OLYMPUS PEN E-PL9 EZ ダブルズームキット ホワイト (オリンパス)
4位 EOS Kiss M ダブルズームキット ブラック EOSKISSMBK-WZK(キヤノン)
5位 α6400 ダブルズームレンズキット ブラック ILCE-6400Y(B)(ソニー)
6位 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット ブラック (オリンパス)
7位 α7C ズームレンズキット シルバー ILCE-7CL(S)(ソニー)
8位 EOS R6 ボディー EOSR6(キヤノン)
9位 Z 50 ダブルズームキット Z50WZ(ニコン)
10位 α6100 ダブルズームレンズキット ブラック ILCE-6100Y(B)(ソニー)
10位 α7 III ボディ ILCE-7M3(ソニー)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/8c4c9d6b68d8584149530c7825b8297dcab4dae6

いまミラーレスは何が売れてる?

BCNがミラーレスカメラのランキングを公開しています。集計期間は10月26日~11月1日の1週間となっています。

記事によれば、1位はオリンパスもE-M10 Mark IIIだそうです。オリンパス、最近は強いですね。多くの製品が上位にランクインしています。そして、キヤノンのEOS Kiss Mも好調です。ソニーは価格が高いにも関わらずα7C、α7IIIがランクインしていて、フルサイズミラーレスではかなり強みを発揮していることがわかりますね。

期待のキヤノンですが、EOS R6が復活のランクインということになりましたが、製造量が少ないのが影響しているのか、EOS R5はランクインしていません。このあたり、キヤノンは新型コロナの影響で製造が滞っているのか、それともあえて製造量を縮小しているのかわからず、購入したいのに市場にでまわってこないという状況が続いているようです。

オリンパス好調の理由

オリンパスが上位にランクインしているのですが、これはもうほとんど訳ありという感じです。というのも価格は以下のようになっているからです。

・OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット  4万7479円
・OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット 5万2000円

(価格.comの調査による)

この価格をみるとわかりますが、E-M10 Mark IIIは3年落ちのカメラではありますが、ダブルズームキットでEVFもあり、それで5万円を割る価格になっていますので、売れるのもわかる感じですよね。どんな製品も、ダブルズームキットで5万円を割り込むとバカ売れする傾向があるように感じます。たぶんユーザ的には、スマホなどがありながらも交換レンズ式のカメラを購入してもいいかな?という金銭的な閾値が5万円あたりにあるのかもしれません。

そして、同様に売れているPEN E-PL9もダブルズームキットが5万円前後の最安値ということになっています。そうなると、フルサイズやAPS-Cはちょっと大きいので、小さくて可愛いカメラが欲しい、EVFもスマホ撮影で慣れているので要らないという人にはぴったりのカメラになるのだと思われます。

個人的にニコンは廉価コンデジ、高級コンデジ販売の代替として、Nikon 1を残しておくべきだったと思っていて、廉価で発売すれば小さくて可愛いカメラで、少し本格的なものが欲しいという人や、女性などがバッグにいれられる小型なカメラとして将来的にかなり売れたんじゃないのかなあと思っています。ちょっと残念ではありますが、復活にも期待したいところです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog