ヨドバシ 交換レンズ売れ筋ランキング 1位はニコンのあのレンズ!!

第1位 ニコン NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
第2位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (ソニーEマウント)
第3位 ソニー FE 20mm F1.8 G
第4位 シグマ 24-70mm F2.8 DG DN | Art (ソニーEマウント)
第5位 タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD (ソニーEマウント)
第6位 キヤノン RF70-200mm F2.8 L IS USM
第7位 キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM
第8位 シグマ 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art (ソニーEマウント)
第9位 タムロン 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD (ソニーEマウント)
第10位 シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary (ソニーEマウント)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/c2dd1179f9595406883e13e18810311ea5b658c9

ヨドバシ交換レンズ販売ランキング公開

CAPA CAMERA WEBがヨドバシカメラの交換レンズランキングを公開しています。ランキングに関する総評なども記述されていますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、ニコンのZ 14-24mm f/2.8 Sが1位となったようです。10月30日の発売ですので、ちょうどランキング的にはいい時期に販売されたことも重なっていると思います。このレンズはいわゆる大三元と呼ばれるf/2.8通しのレンズになり、これで要約f/2.8の大三元レンズのラインナップが揃ったことになり、購入する人も多かったのだと思いますね。今後はf/4通しの小三元のラインナップ完成や、高倍率ズーム、非S-Lineの廉価なレンズ、マクロなどの充実も期待されるところですね。

そしてタムロンも相変わらず好調で、便利ズームである28-200mm f/2.8-56や、f/2.8通しの標準ズームである24-70mm f/2.8、300mmまでの望遠に対応する70-300mm f/4.5-6.3なども人気で上位にランクインしています。

キヤノンもレンズが上位にランクインするようになっていて、やはり大三元となる24-70mm f/2.8や70-200mm f/2.8がランクインしてきています。これらは、恐らくEOS R5やEOS R6でキヤノン製品を購入した人が購入していて、それで上位にランクインしている可能性がありそうですよね。

そんな中でも、やはり好調なのはソニーのEマウント用のレンズです。ランキングのニコン、キヤノンを除いたその他の製品すべてがEマウント用ですので、レンズ的に売れているのは、やはりソニー用ということが言えると思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog