Nikon Z 6IIの価格動向調査 多くの店で品薄に 販売は好調なのか??

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://kakaku.com/item/K0001301157/

Nikon Z 6IIの価格動向

価格.comがニコンのNikon Z 6IIの価格について公表しています。画像クリックで画像が拡大します。

価格.comのページをみますと、現在の最安値は24万1560円となっており、グラフをみればわかりますが、ほぼ最安値が一定になっていることがわかります。そして、平均価格については、初登場から一気に値上がりして高値で安定していることがわかります。

まあ、そのあたりはいいのですが、販売ショップをみてみると、製品の在庫がほとんどないことがわかります。全販売ショップの29ショップのうち、実際に販売しているショップは16ショップで、残りの13ショップでは問い合わせ(事実上の入荷待ち)状態になっています。

Nikon Z 6IIボディの発売は11月6日で、本日は16日ですので、10日間が過ぎた計算になりますが、初期需要が高かったのか、それとも製品の供給が滞っているのかわかりませんが、とにかく店頭にはほとんど在郷がない状況になっているようです。

そのためかどうかわかりませんが、売れ筋ランキングも比較的低めになっていて、価格.comの売れ筋ランキングでは発売直後にも関わらず5位となっています。ちなみに、1位はEOS R6ボディ、2位はα7Cズームレンズキット、3位はEOS R5ボディ、4位がLUMIX DC-S5K標準ズームkレンズキットです。

Nikon Z 6IIはそれに続く5位となっていて、Z 6IIの後継機種としては、いまのところランキングとしてはちょっと低いのかな?という印象もありますが、製品供給が足りていない状況であれば仕方がないのかもしれません。

Nikon Z 6との比較

ちなみに、Nikon Z 6の現在の最安値は19万1900円となっています。Nikon Z 6IIと比較して約5万円ほど高いという計算になりますね。Z 6とZ 6IIの価格差が5万円と考えると、どっちを選択するか迷ってしまうような価格差なのかなという印象です。

ところでNikon Z 6IIの価格ですが、Z 6の初値は24万5220円でした。Z 6IIの初値は24万1560円ですので、Z 6とZ 6IIの価格は様々な機能が進化していたり、デュアルメモリカードに対応していても、ほぼ同じ価格で維持されていると考えることができそうです。なので同様に、今後の2年間でNikon Z 6と同様に約5万円ほどの値下がりが期待できると思いますね。

ただし、ニコンは定期的にキャッシュバックキャンペーンを実施していて、数万円ほど安い価格で購入できることが多いですので、Z 6IIについても年末から年明けにかけてキャッシュバックキャンペーンを実施する可能性が高いと思われます。なので、安く購入する場合には、それまで待ったほうがいいという可能性が高いですね。

そして今回はレンズキットがないので、レンズ込みで価格を考える必要があります。小型なZ 24-50mm f/4-6.3を選択するのか、Z 24-70mm f/4なのか、それとも便利なZ 24-200mm f/4-6.3にするのかなど検討して購入する必要がありそうです。ただ、そのとき、レンズキットがないので、特にZ 24-70mm f/4を購入したい場合にはZ 6の標準ズームキットを購入したほうが安く購入できる可能性もあるので、そのあたりも考える必要がありそうですね。

なぜZ 6IIにはキットレンズがないのか非常に気になるところです。24-70mm f/4をキットレンズにすると、高いレンズにも関わらず新古品が市場に出回って価値が下がってしまうからでしょうか?それとも将来的に廉価な標準ズームが発売される可能性があるからなのでしょうか?なんなら、Z 24-50mm f/4-6.3を標準ズームとしてキットレンズ化したり、廉価なパンケーキをキットレンズにするということも検討すればよかったのではないのかな?とも思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog