マップカメラ ランキング ソニー圧巻5機圏内 キヤノン猛追 ニコン0機種

 

1位:ソニー α7C
2位:ソニー α7S III
3位:キヤノン EOS R5
4位:キヤノン EOS R6
5位:パナソニック LUMIX S5
6位:ソニー α7 III
7位:富士フイルム FUJIFILM X-T4
8位:ソニー VLOGCAM ZV-1
9位:DJI DJI Pocket 2
10位:ソニー α6400

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/b9e03896420bcb3e7ac74a59ccc6cc2dc605e787

マップカメラ売れ筋ランキング公開

ImpressWatchがマップカメラのデジカメ売れ筋ランキングを公開しています。記事では、中古デジカメの人気ランキングや、ランキングに関する分析もありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、ソニーとキヤノンが比較的好調のようで、ソニーは発売されたばかりのα7Cが1位に、α7S IIIが2位に入るなど盤石ぶりを見せています。さらに6位、8位、10位にもソニー製品がランクインしていて、フルサイズ、APS-C、コンデジと見事に全方位で1位を獲得していますね。

キヤノンもEOS R5とEOS R6がランクインしていて、かなり長期間上位にランクインしており、こちらもかなり売れていることがわかります。

一方、ニコンは1台もランクインしていません。Z 6IIの発売が控えていたという時期でもありますが、Z 5やZ 50がランクインしていてもおかしくない状況ではありますので、ニコン製品が1台もランクインしていないというのは、かなり残念なのかな?という印象です。

逃げるソニーと猛追するキヤノン

キヤノンは一気に性能を高めたEOS R5、EOS R6でソニーを猛追しているような状況になっています。残念ながらEOS R5はまだまだ品薄のようで、1位を獲得するというようなことにはなっていませんが、供給が潤沢だったら、1位を獲得していたことは間違いないと思いますね。

さらにこれまでは小幅な進化しかしてこなかったソニーは、ニコンやキヤノンのフルサイズミラーレス市場への参入に触発されたのか、APS-Cなみにコンパクトなα7Cや、動画撮影向きのα7S IIIの新製品を投入するなどしてシェアの拡大を目指しています。

その点、ニコンは比較的無難な製品ばかり投入している印象で、革新的な機能の製品が少ないように感じます。唯一目立った革新的な製品はNoctレンズぐらいでしょうか?

ソニー、キヤノン、ニコンはどれも世界的な企業ではありますが、ソニーとキヤノンのほうが経営的な体力が強いと考えられ、カメラに対して投下できる研究開発費もかなり大きいと思いますね。そして、どちらもセンサーを内製していますので、そのぶん新しいカメラにどのようなセンサーを搭載したいのかを自分自身で決めることができますし、外部直達するより調達コストが低くなり製品価格にも反映させることができますよね。

4年ぐらい前には、まさかこんな状態になっているとは思ってもみませんでしたね。今後はどうなるのでしょうか?心配です。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog