有名ショップ 11月カメラ売れ筋ランキング Nikon Z 6IIが初登場1位

 

ミラーレスカメラ

1(-)ニコン「Z6II」 37
2(-)フジフイルム「X-S10」 28
3(1)ソニー「ILCE-7SM3」 23
4(2)キヤノン「EOS R6」 20
5(4)ソニー「ILCE-7CL」 18

デジタル一眼レフカメラ

1(2)ニコン「D5600WZK」 30
2(3)ニコン「D6」 23
3(1)キヤノン「EOS 90D」 22
4(3)ニコン「D780」 17
5(-)ニコン「Df」 16

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/eebbb56be6c69a1e9046e3ff011919b8216fd6a8

2020年11月度デジカメ売れ筋ランキング

PHILE WEBが全国有力販売店のデジカメ売れ筋ランキングを公開しています。ランキングは廉価コンデジ、高級コンデジ、交換レンズなどもありますので、すべてのランキングは記事元リンクからご覧ください。

さて、記事によればミラーレスカメラでは初登場のNikon Z 6IIが1位を獲得したようです。その後にX-S10、α7S III、EOS R6、α7Cというランキングになっているようです。ニコンのZ 6IIが初登場1位ということで幸先良い感じになっていますね。

一眼レフのほうはニコンが結構売れているようです。1位はD5600のダブルズームキットで、売れる理由もわかるというもので、価格は最安値で7万0179円になっていることが大きいようですね。APS-Cでズームレンズ2本ついて8万円を割り込むとかなり売れますので、1位になる理由もわかります。

さらに、D6、D780と最新機種が続き、理由はよくわかりませんがDfが5位にランクインしています。今年の9月に秋篠宮悠仁さまが利用していたカメラがNikon Dfらしいという情報がネットで広まりましたが、それが影響してるのでしょうか?

記事元ではNikon Z 6IIは11月23日の発売としていますが、実際には11月6日の発売ですので、たぶん記事の内容が間違っているのだと思います。11月6日の発売なので、ランキングにもほとんど反映されている状況なのも上位にランクインしている理由だと思われます。

ランキングの特徴を考える

このランキングのデータを提供しているのは以下のショップなのだそうです。

ケーズホールディングス(茨城県水戸市)
ヨドバシカメラ(東京都新宿区)
マップカメラ(東京都新宿区)
フジヤカメラ(東京都中野区)
ビックカメラ(東京都豊島区)
カメラのキタムラ(神奈川県横浜市)

(引用)https://news.yahoo.co.jp/articles/eebbb56be6c69a1e9046e3ff011919b8216fd6a8

マップカメラとフジヤカメラは、有名なカメラ専門店ですし、ヨドバシ、ビック、キタムラなどは店名にカメラが入っているようにカメラに強いショップとして有名ですし、カメラ専門館なども抱えています。

なので、カメラを趣味とする人や、プロフェッショナルな人が利用する割合が多いショップのランキングだと考えることができます。そのため、EOS Kiss Mですとか、α6400などが上位にランクインすることなく、Z 6IIやX-S10などが上位にランクインしているのかな?という印象です。

こうみるとハイアマチュア、プロフェッショナルには、Nikon Z 6IIはかなり売れているのかな?という印象になりますよね。これが継続できればいいのですが、どれだけ維持できるか?ということが問題になりそうです。そしてソニー製品は常に上位にランクインしているので、どんなカメラを発売してももう安泰という感じなのかもしれません。

一眼レフはこのランキングではニコンが寡占状態になっているのですが、APS-Cはこれからカメラを始めようという人が、それ以外は既存のユーザの買い換えというような購入動機なのかもしれませんね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。