NO IMAGE

2020年に最も売れた一眼レフはニコンのあの製品

1位 D5600 ダブルズームキット D5600WZ(ニコン)
2位 EOS Kiss X9i ダブルズームキット KISSX9I-WKIT(キヤノン)
3位 EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラック KISSX10BK-WKIT(キヤノン)
4位 D3500 ダブルズームキット D3500WZ(ニコン)
5位 EOS Kiss X9 ダブルズームキット ブラック KISSX9BK-WKIT(キヤノン)
6位 D3500 18-55 VR レンズキット D3500LK(ニコン)
7位 EOS Kiss X10 EF-S18-55 IS STM レンズキット ブラック KISSX10BK-1855ISSTMLK(キヤノン)
8位 D7500 18-140 VR レンズキット D7500LK18-140(ニコン)
9位 EOS Kiss X10i ダブルズームキット EOSKISSX10I-WKIT(キヤノン)
10位 EOS 80D EF-S18-135 IS USM レンズキット EOS80D18135ISUSMLK(キヤノン)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/d237b49ccf3532c45e9ab8a647fff6e9368e6419

2020年に売れた一眼レフは何か?

BCNが2020年の一眼レフの売れ筋ランキングを公開しています。ランキングは2020年1月1日~12月6日の集計データです。

記事によれば2020年に最も売れた一眼レフはNikon D5600だそうです。今年はBCNランキングでもD5600が1位を獲得することが多かった印象がありましたが、年間でもNikon D5600が1位を獲得したということになります。

Nikon D5600は、ダブルズームレンズキットで現在の最安値は7万0179円となっているため、売れるのもわかるというものですよね。通常はダブルズームで10万円を割ると売れるようになりますが、7万円というと破格の価格になります。Nikon 1 J5のダブルレンズキットなどは6万円前後で売られていましたので、長いこと売れ筋1位だったのも理解できる金額です。

ただし、ランキングを見渡すとキヤノンでは2位にKiss X9iが、9位にKiss X10iがランクインしていますし、X10やX9もランクインしているので、全体的にはキヤノンのほうが優勢という印象ですね。しかも価格が安いので利益率はかなり低いはずで、1位だからといって安心できるような状態ではないと思います。

APS-C一眼レフの新作発売はあるのか?

ニコンのD5600は2016年11月の発売でしたので、もう4年以上前に発売された機種になります。D5500の発売は2015年でした。それまでだいたい1年半から2年ほどで新機種が発売されてきたわけですが、4年以上も新機種が発売されないのは異例という状況です。

ひょっとしたらニコンは廉価なAPS-C一眼レフなどは発売をやめてしまい、高額な製品だけにシフトしてしまうのでしょうか?ですが、ニコンは一眼レフではまだまだ世界でのシェアがあり、その戦略的な廉価製品について市場から撤退してしまうことは考えにくいのかな?とも思えます。

たぶんですが、個人的にはニコンは一眼レフの中身をミラーレス化することで開発リソースを最小限にしようとしていると考えているのかな?と思っています。なので、たぶんNikon Z 30などAPS-Cミラーレスの廉価機種の中身をそのまま利用して、廉価な一眼レフとして発売しようと考えているのではないかな?と思っていて、その製品が完成するまで、しばらくAPS-C一眼レフの新機種は発売されない可能性が高いのかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog