2020年で最も売れたミラーレスは何か?? ニコンもあの製品がランクイン

1位 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット シルバー(オリンパス)
2位 EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイトEOSKISSMWH-WZK(キヤノン)
3位 OLYMPUS PEN E-PL9 EZ ダブルズームキット ホワイト(オリンパス)
4位 α6400 ダブルズームレンズキット ブラックILCE-6400Y(B)(ソニー)
5位 EOS Kiss M ダブルズームキット ブラックEOSKISSMBK-WZK(キヤノン)
6位 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット ブラック(オリンパス)
7位 α6400 ダブルズームレンズキット シルバーILCE-6400Y(S)(ソニー)
8位 LUMIX GF9 ダブルレンズキット オレンジDC-GF9W-D(パナソニック)
9位 Z 50 ダブルズームキットZ50WZ(ニコン)
10位 α6100 ダブルズームレンズキット ブラックILCE-6100Y(B)(ソニー)

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/b30026195d3b0cc9ddaabc6a60461c3e72517bcf

2020年にもっとも売れたミラーレスは?

BCNが2020年に売れたミラーレスランキングを公開しています。集計期間は2020年1月1日~12月6日です。

記事によれば、1位はオリンパスのOM-D E-M10 Mark IIIのEZダブルズームキットが1位になりました。この機種はずっと1位かその付近で推移していたので、年間1位というのも納得です。ですが、これはカラバリによって別集計になっていますので、シリーズ別でみるとEOS Kiss Mが1位の可能性が高いですね。

OM-D E-M10 Mark IIIはダブルズームで最安値が5万円を割る価格になっていますので売れるのも理解できるという感じですね。ダブルズームで5万円を割るのは信じられない価格です。

逆にEOS Kiss Mダブルズームキットは最安値が約8万円という価格です。3万円もEOS Kiss Mのほうが高いのに、E-M10 Mark IIIと同程度がそれ以上売れているということは、その価格差があっても、それら2機種の機能を比較したときにEOS Kiss Mのほうが魅力的に感じたということだろうと思います。

Kiss Mは像面位相差センサーであり、瞳AFがあってAFが高速で、バリアングル液晶もあり、センサーがAPS-Cということと、Kissブランドもあって高価格を維持できているのだと思いますね。無難にまとまった誰にもお勧めできるミラーレスとして売れているのだろうと思います。

Z 50が9位にランクイン

キャッシュバックの関係もあるので、単純に比較はできないのですが、かなり高価格の部類になるNikon Z 50のダブルズームキットが9位にランクインしたというのは少し驚きました。というのも、たぶんほとんど廉価な機種で上位が占められるのではないのかな?と思っていたからです。

その観点から、似たような価格であるα6400もランクインしていないのでは?と思ったのですが、こちらもランクインしていましたね。α6400についてはZ 50よりも上位にランクインしているばかりか、カラバリで2機種がランクインしていますので、機種全体で考えればZ 50ダブルズームよりα6400ダブルズームのほうが2倍以上売れているということになります。

このあたり、価格率がわからないのでなんとも言えませんが、販売価格から考えるとやっぱりα6400に肉薄するぐらい売れていないと、かなり厳しいのかな?という感じもしますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog