フルサイズミラーレス市場 キヤノン22%でソニーを猛追 ニコンは一歩及ばず

 ソニーはシェアを失っています。

 
 全国の家電量販店・ECサイトなどのPOSデータを収集している「BCNランキング」によると、ミラーレス一眼市場の中でフルサイズミラーレス一眼は、2017年10月の時点での台数構成比が2.9%、金額構成比が10.6%と小さかったが、18年9月にニコンのZ 7が発売、10月末にキヤノンのEOS Rが発売すると構成比が一転。18年10月には、台数構成比が8.2%、金額構成比に関してはフォーサーズの22.2%を上回って27.2%と大幅に増加した。
 
 では、ニコンとキヤノンの参入後、フルサイズミラーレス一眼市場におけるメーカー勢力図はどう変化したのか。BCNランキングによれば、18年7月までソニーがほぼ100%に近いシェアを確保していたが、8月にニコンZ7の予約販売開始、9月にキヤノン「EOS R」の予約販売によって2社の販売シェアが上昇。10月に、キヤノン、ニコンの両社を合わせて32.6%まで達した。さらに、11月下旬にはニコンのフルサイズミラーレス一眼「Z6」の販売が控えている他、ボディのみの販売であるEOS Rがレンズをセットにして販売となる可能性を秘めている。キヤノンとニコンが、さまざまな戦略を打ち出す要素がある以上、ソニーの販売シェアはさらに減少する可能性がある。
 

 
(記事を一部引用しています)

 ニコンとキヤノンがフルサイズミラーレスを販売してソニーのシェアは下落しています。というか、これまでニコンとキヤノンはフルサイズミラーレスを販売していなかったので当たり前の現象です。シェアではなく数量ベースでニコンとキヤノンがフルサイズミラーレスを投入した前後の数を考えないと、ソニー製品がどのようになっているのかは具体的にはわからないといったところですね。

 キヤノンはニコンに対してダブルスコアのシェアになっているわけですが、これはZ7が高解像度機種で、オールラウンドであるZ6のほうを検討している人が多いからだと思われます。キヤノンに及ぶかどうかはわかりませんが、今後、肉薄していくものと考えられそうです。

 フルサイズミラーレスは、既存のフルサイズ一眼レフを購入している人で、買い換え目的で購入している人も多いようですね。以前の一眼レフの画質で十分だけど、ミラーレスだし小さく軽量になるので新しいものが欲しいという人が結構いるようです。まったく異なる製品なので買い替え需要をかなり喚起しているようですが、今後も技術的に向上させてさらなる買い替え需要を喚起するようにしていかないと長続きしませんので、そのあたりが気になりますね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.bcnretail.com/market/detail/20181103_91600.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。