フルサイズ本命 Nikon Z6 が爆売れ?未だ入手しにくい状況が続く

 Z6が入手しにくくなっているようです。

 価格.comの調査によれば、各キットを販売している店舗数は以下のようになっています。

  
 Z6ボディ 10/31店舗
 Z6 FTZマウントアダプタキット 16/33店舗
 Z6 24-70レンズキット 11/33
 Z6 24-70+FTZマウントアダプタキット 28/45店舗

 これをみると多くのショップで在庫が無い状況がわかります。特に大手ショップでは軒並み在庫なしになっており、ソフマップ、ヤマダ、コジマ、ビックカメラ、ヨドバシ、マップカメラ、キタムラなどではほぼ全滅の状態です。こうみると、やはりZ6シリーズは売れている状況がわかりますね。

 在庫のあるショップですが、多くは激安系のショップか、販売価格が高いショップでした。なぜ安い価格をつけている激安系のショップには在庫があるのでしょうか?

 いくつか理由が考えられそうです。これらの価格.comに掲載されているショップのことではなく、他店での話ですが、そのショップではわざと在庫がないのに在庫ありにして販売をしていることがあるそうです。なぜかというと、バックオーダーとして抱えておき、在庫が入庫ししだい発送するということをしているからだそうです。在庫までの日数を明らかにしなければ、そのまま購入者を待たせることができるため、わざとそのようにしているようです。これはかなり悪質な部類といえそうです。

 もう一つは、わざと比較サイトでは在庫ありにしておいてショップのホームページに誘導するために行っている場合があるようです。サイトのページでは在庫なしにしておくわけですが、こうすることでショップまで人を誘導することになるため、他の製品を購入してくれるかもしれませんし、そのサイトに広告バナーがあればそれにより収入があがる可能性があるわけですね。

 また購入者に関しては、一眼レフは高価ですので、あまり名前の知らないショップよりも大手で購入したほうが安心できますし、後々の保証や交換、修理などについても実店舗が近くにあれば安心できるということもありそうです。

 いずれにせよ、在庫なしのショップが多いためZ6はかなり売れているということが言えそうですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)http://kakaku.com/camera/mirrorless-slr/itemlist.aspx?pdf_se=13

One Comment

  1. 各社の出荷台数の調査も行った上でのコメントであれば良いのですが、未調査であれば爆売れ?が妥当かどうか信憑性にかける記事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。